苫小牧市民16万人
北海道民552万人
日本国民1億2000万人の健康を守る

 

木田ちゃんです

 

今、民間事業で健康作りの体操のような教室の講師を週に一度担当しています。

その中には運動を今までやったことがないおじいさまも参加しています。

こういうクラスはめちゃくちゃ指導スキルが求められます。
正直私の周りで代行をお願いできる方はいません。。

 

と言うくらい
指導スキルが必要です。

 

 

 

全員が初心者ではなく、
本当の初心者、運動経験者、故障者、そして運動上級者の全ての要素が入っているクラスです。

 

今までの23年間のスキルをフルに出しています。
1週間のレッスンの中で一番難しくて
一番やりがいがあります

フィットネスで指導するのが当たり前の地域や、すでにフィットネスと言うカテゴリーの中に
入っている方に提供することは

 

言ってしまえば容易です。

 

今の時代、、プログラムを丸写しして渡せば良いだけですから・・・。

なんなら動画ですみます。。。。。

 

あのインストラクター上手・・・と言う声を聞いたりしますが
何をもって上手❓

 

動きがダンサーのように上手い(それインストラクターとは言わない・・・かも笑)
それは職業ダンサーだと思います。。。

 

キューイングのタイミングが絶妙(もうそれも振り付けとして見えてしまうくらい・・・)

ならば、振り付けじゃん・・・・笑

 

真似して練習すればみんなできる♪

たくさん努力すればね😊

 

 

 

お客様を観察し、動きやすくなるような言葉がけや
自然とエラーが出にくくなるように
先を見越したキューイングや動作の

 

選択ができているかどうか・・・

そしてできたことを確認し、
承認し、
次のステージへ共に進ませてあげられているかどうか・・・・

 

こんなインストラクターを私は目指しているし
取り組んでいるし

そんな方にもっと出会いたい・・・。

 

学び合い、切磋琢磨し育てたい。。

 

 

 

実はかなり昔、
私がインストラクターとして幅を広げたい・・・もっと指導テクニックや知識、視点を広げたい
と思った時

とある動作スキルアップ系、プログラムのプレWSを見つけて参加しました。

著名な素晴らしいインストラクターの方のセミナー

 

 

 

内容的にはすごく理解できた。
でも新たな発見❗️というわけではなく
すでに自身もやっていた動きを体系化していた感じだった・・・

 

そこにプログラム名をつけていた感じ。。。

 

あぁ・・プログラムコンテンツってこうやって作るんだ・・・とその時、感じました。
私も作ろう・・・て。

参加者はみんなインストラクターでしたが

私の前にいた方がとても動きが硬く。。

 

 

そもそもの動きが、身体の使い方が逆で。。。

何箇所か全くできないところがあり
そのままつぎに行くからできないまま進み

この方はちゃんと体に効果感じてないだろうな・・・・と思ってました。

捻るのこっちですよ❓ってアイコンタクトしても
ん❓

え❓

 

みたいな感じでその手前ができてないから

そこだけ直そうとしても直せなかった・・・。。

まず自分ができていないということに気づけていなかった・・・・・。

インストラクターでこれなら、お客様もきっといる・・・。

あまりにもその方が目についたから
セミナー終了後に
講師の方に聞いてみた

 

【あの方みたいに、回旋が全く逆に行ってしまう人がいた場合、修正はしないんですか❓】

と聞いたら

何回もやらせるの

 

 

 

 

と答えをいただいた・・・・・。

え❓❗️

できない動きを何回もやるの❓

何時間、何日かけるつもり❓

びっくりした・・・・

明らかにその原因はその3段階前のところに明確にあるのに
そこを振り返すのではなく

できない部分を何度もやる・・・・・と。。

 

 

 

それってさ、、因数分解ができなくて困っていて
さらに何度も因数分解の問題を解かせようとしている感じ・・・

できるわけない・・

だって割り算ができていないんだもの

 

 

 

そこをみてあげてない・・。

 

しかもそのエクササイズのFLOWはちょっとずつ展開していくものだから
確実に先にできない基礎の部分を通過していく。。

ハイハイからいきなりスキップにいくんじゃなくて
うつ伏せ→寝返り→ずり這い→ハイハイ→つかまり立ち→タッチ→歩く

 

 

みたいな感じで

ちゃんと流れを進んでいくflowなのに

原因の分かっている部分になぜ着目しないで
できない部分ばかり練習させちゃうの❓

 

メンタルズタズタになるよ・・・・・

 

できるまでやらせる・・・といったその返しに私はちょっと驚いて

え❓と2回聞きましたが
そうねぇ、、それ以外ないものね・・と言われました

 

 

プログラムを伝えたいだけなのかな・・と
疑ってしまうほどでした。。。

 

現在、世の中に出ているものは完成された
プログラムばかり。

そのパッケージをインストラクターである私たちが購入し
それをそのまま、もしくはアレンジを加えて提供します。。。

 

 

そのプログラムのコリオを教えるインストラクター
だからプログラムダンサーですね・・・・。

 

広がりを持ちやすいけど
そういう人たちの行き過ぎた指導はのちに多くの怪我人を増やす場合もある

 

 

無知でいることは
怖すぎる・・・

できないなら何回もやる

 

 

 

スポ根精神じゃなく、
私たちの体は生物だから
やり過ぎたら壊れる

 

 

楽しいはずのフィットネス
体に良いことをするはずのフィットネス
なのに

 

 

壊す方向に導いてどうするんだ・・・・!!!!!

 

 

 

とたまに、SNSをみて叫びたくなる時があります

でもね

残念ながら
どんなインストラクターになりたいか
どう在りたいか・・・

は本人が決めること

そして、たとえ指導があまり上手くなくても、
横のつながりとか
人がいいとか・・

 

その人しかいない・・・とかで

そのレッスンに出る環境を選ばざるを得ない・・・。お客様。

 

たのしければぐちゃぐちゃでもいい・・・
というインストラクターがいるのも事実

 

かもしれない

 

 

でも、どうしようもできない・・・

ただそんな無責任なインストラクターに私は大切なお客さまたちを紹介したいとは

 

思わないし

仕事もしたいとも思えない

 

自分もそうならないようにしたい

 

そうなりたくないから

学び続けるし
コーチングや、レッスン内容を見直したりしてます。

 

 

 

もちろん私もまだまだ進化の途中なので

ダンススキルだけを学んでる場合じゃなくて

ますば体の仕組み、動き方、
伝え方、言葉の伝わり方

を学ぶことに力を注いでます。。。。

 

 

この前、
イベント終わりに参加者のかたに言われました。

【私たちも馬鹿じゃない、、、たくさんのインストラクターの方たちのレッスンを受けてきているから
この方はちゃんと体のこと理解しているなとか

 

お客様のことわ考えているなとか、わかります】

 

と言ってました。

 

その通りです。。。その通り過ぎます。。。。

結果的に何が言いたいかというと

本物の指導者しか生き残れなくなるんだろうな。。。と感じるんです。。。

 

 

だけど指導者が趣味程度でやるのか、
副業、本業と合わせてやるのか

有名になりたいからやるのか、

 

どんな目的でやるのか・・

 

 

どう在りたいのか・・・ここがとっても重要!!!!

 

 

 

 

 

私ね・・・今までいろんなインストラクターを見てきました

私もいろいろ経験し、失敗し挫折し、乗り越えて今があります。
そして今もまだまだ進化中です。

まずインストラクターとしてどう在りたいか、何を学んで行きたいか・・

悩んでいる・・
そんな方がいたら

話聞きます・・・。

 

本当のインストラクターが増えて欲しいから・・・。

そんなインストラクターを増やす取り組みの一つ
ファンクショナルインストラクター™️セミナー
こちらです。

https://kidaclub.jp/2024/archives/13179

↑こちらのプログから詳細見れます

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアする