苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の健康を守る

木田ちゃんです

私の母はフィットネス愛好者です♪

私より長いです
競技スポーツとフィットネスエクササイズは全然違うと

思っています☺️

競技スポーツは健康のためにはしていませんので
体には究極に負荷を与えて
局所的に負担をかけて

筋肉を破壊させていたりします

その競技で勝つための体づくりをするので
普通の生活仕様ではないです。。
なので

スポーツ歴も入れたら私の方が長いけど、
健康のために行う心と体づくりのフィットネスは

母の方が長いから、
もう25.6年やってるんじゃないかな❓

大先輩です

数年前
ある、コンディショニング系レッスンに参加した際に
少し無理のある動きをして内転筋を痛めたそうで、

 

もう4,5年前
そこから

常に内転筋が(恥骨筋あたりかな・・)

基礎から学ぶ】内転筋(恥骨筋・短内転筋・長内転筋・薄筋・小内 ...

短内転筋あたりかな・・

そこに力が入らないから
股関節を内転する動作のときなどが制限があったり
代償で片足立ちなどの時に

骨盤を調整するために
上半身でまっすぐを保とうとする・・

同時に先天性だったらしい
側湾症がどんどん悪化し

骨盤の前後の歪み、高さの歪み、
上半身の側弯
そして腰痛がまっすぐになっているフラットバック

 

・・・と

ものすごく体的にはシンドイ形でした・・
その結果・・・だと私は思うんですが

左側の股関節の変形性股関節症と診断され

ストレッチしても一時的には痛みが治っても
また楽しい動く系のレッスンをしては
痛みが出る・・・
を繰り返していました

でも楽しいレッスンを辞めてしまうのは辛い
だから痛みに耐えながらやっていたけど、

今、頑張って筋力トレーニングギリギリできていて
体力があるうちに
手術して人工股関節を入れて

すぐリハビリすれば
半年以内、いや、3,4ヶ月でレッスンに戻れるのでは・・・
と考え

私がしっかりサポートするから☺️と伝え
手術に挑みました・・

手術後は母の相当な努力
入院中は数日、かなり痛く、腫れもあり
しんどかったみたい・・・

退院後は毎日の必須のリハビリを欠かさず自分で行い
それ以外で

リハビリではなく
トレーニングとして

私が動きを見ながら
少しずつ可動域を上げ、
動作を獲得できるようにすすめていきました

ついつい頑張りすぎる母なので
やりすぎると違う箇所に痛みが出る笑

まずは焦らずインナーマッスルが稼働するように
小さな回旋系の動作から。

片足重心にはならず
軸に上に乗れる感覚を掴ませる練習

そして1ヶ月検診で
想像以上の回復の速さに担当医の方も驚き

オンラインとリアルでフィットネスの動きを
少しずつ増やして
ステップタッチなどはお手のもの

骨盤回旋、ラテン系動作も余裕
ヒップサークルに至っては
痛みが全くなく

親子で泣きました😭

片足に重心がのり、かつ、ジャンプしてしまう
シャッセやポニーなどの動きは

まだできないけど
術後2ヶ月半でほぼフィットネスに復帰できる感じです・・・

手術した後、
手術するにも筋力、体力、そして精神力が必要

というのを感じました。

 

そして

必ず何か目標、目的を持つこと。
そして、頼れるサポーターが近くにいてくれること。。。。

私は娘でしたが、
もし同じように
どこかに痛みがある・・だけどやりたいことがまだまだある

そんな人がいたら
必ずその夢を叶えてあげたいので

全力でサポートしていきたいです。。

そんな方はリアルでもオンラインでも
私に頼ってみてください☺️

 

シェアする