苫小牧市民16万人
北海道民550万人
日本国民1億2000万人の健康を守る木田ちゃんです。。

 

インストラクター歴22年のベテラン・・・です笑

なんだか最近、ありがたいことなのか
どうなのか微妙だけど

大御所

 

と言っていただくことが続いてまして・・

大御所とは・・・調べたら

すでに引退して表面に出ないが、その世界で大きな勢力をもっている人。また、その道の大家として大きな勢力をもつ人

 

と出たよ・・笑

引退してないから笑

その世界って・・どの世界❓笑

勢力とは何ぞ❓この個人の仕事の中で・・・笑

 

 

ただ・・・

ただですよ・・ある意味私は
グループエクササイズインストラクターの表面はもうすでに引退している感覚・・笑

 

数年前に・・・笑

 

インストラクターを目的にして取り組んでいないです・・

という意味です。。。

私は30代の前半でインストラクターの華々しい取り組み方を味わいました・・
コンテストも出た

海外リードもさせていただけた

だけど、そこが目的ではない
そこを活用してその後にどう結びつけていくかで

この先の生き方が決まる

 

 

そこを長く続けることより

インストラクターという取り組み方を
しっかり活用して

本来自身がやりたいと願っている

【体の機能を高めて豊かな人生を送っていただくための
様々なサポート】

 

をしていく。

世の中に貢献しようとしたら
圧倒的に

【体の機能を高めて豊かな人生を送っていただくための
様々なサポート】

 

を求めている方、必要な方が多いです。

SNSを通じて今、いろんなインストラクターさんの取り組みが
目に入ります。

ダンサーではないです。
インストラクターは。

そこを間違えちゃいけない・・

インストラクターは運動指導者なので
健康を害させてしまうのは一番やっちゃいけない・・・

正しくない体の使い方
見本にならない体の使い方

できればそうゆう部分は改善したい

そして一番知って欲しいのは
グループエクササイズインストラクターは一度に大勢の方の体を
見る機会があります。

レッスンで。

しかも動いてくれるので
どこの関節が硬い

どこの動きが悪い

連動ができていない

など

そこら中にたくさん痛みの評価ができるわけです。

次のコリオ・・なんだっけ・・・
とか

盛り上げなきゃ・・・

とかなんて考えている場合じゃなくて
そんなことは当たり前にできていて

それよりも目の前の方の動きで
痛みの予備軍が見えてくる

この方、、、腰に痛みが出そうだな・・・

左の肩が上がりにくいし
右股関節の動き悪い・・

リースが必要だな。。。

みたいなのが
いろんなところに散りばめられていて
レッスンとは別にその方に

お声がけできるんです・・。

その目はしっかり養えるし、私たちはレッスンを通して皆様の健康の維持をしていかなくては
いけないプロなんです。

これからの時代のインストラクターは
レッスンができる

楽しい

は当然。。。

そこを通して
お客様一人一人の体の機能を引き出し
ケアし、フォローしてあげられる

 

運動指導のプロであって欲しい・・・

私が大御所と言っていただけるようになったのであれば
今はここについて、取り組みをしていくところです。

インストクラクターのための
パーソナルトレーナー養成コースを来年からスタートします❗️

興味ある方は見ていてくださいね♪

シェアする