苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちゃんです

木田倶楽部プロコースとして
過去に3回セミナーを開催してました。
どうして、個人でこんな養成をするの❓

協会などに属して無いのに・・・

認定資格を付与できるわけでも無いのに・・・

実はもう一人の自分の中の自分が最初、そんな声を出していたりして・・・笑

だけど、
心は決まっていたから
それを上回る想いがあるから

開催しています。

過去には大きな教育団体の養成などに関わっていたりもしましたが
そこから学んだこそ知識を
実際の現場でちゃんと活かせているか・・・

パーソナルトレーナーと
スタジオインストラクターを切り分けて考えすぎでは無いだろうか・・

フィットネスインストラクター運動指導しているのに
振り付けを教えるダンスインストラクターになってしまって無いだろうか・・・

それにしてはダンススキルは高く無いのに
そもそも体に無理のある動きを真似をしてお客様に怪我させたら
無責任では無いだろうか・・

インストラクターはもっと大勢の方を一気に動かすことへの
責任や自覚を持った方がいいのでは無いだろうか・・

個別に痛みや悩みを相談されたときに
応えられなくて
【休んでください】【マッサージ行ってください】【湿布貼ってください】

って言ってしまったり
それはちょっと分からないから
お医者さんに言ってください

と逃げすぎて無いだろうか・・

もちろん
分からなさすぎることに対して
無理して嘘ついてまで答えるのはよく無い・・・絶対ダメ。

わからないことはちゃんと調べて
また改めてお答えします・・・と伝えたり
適した方を紹介するのはとても大事。。

だけどね
もしかしたら自分たちの動きを真似した結果、
私たちインストラクターが指示したことをやろうとした結果

起こした悲劇だとしたら。。。

しかもそれを気づけていなかったら。。。
いやいや、気づいていながらも無責任に放任したら・・・

そんなことを想うと
私は日本国民、北海道民、苫小牧市民を守るなんて言っておいて

そんな指導でお金をいただくことはできない

 

 

いつかある方に言われました
【インストラクターが指導しながら、
パーソナルトレーナーみたいなことをするのは無理だよ】

って。

無理と言われたらやってやろうじゃ無いか・・・と想う。

あなたのレッスンに出ていたら
痛みが消えた

調子が良くなった

だからまた参加したい❗️

他の人も誘いたい・・

そんなこと言われたらインストラクターとしては最高に幸せです。。
頑張ってよかったと想う・・・
モチベーションにつながります。

そして
レッスン中に導けなかったけど
動きを評価して見抜けた方に、終わってから声をかけられる
【右肩の調子よく無いんですか❓】

先週よりも上がってなかったですね・・

【左の股関節痛みがありそうですね・・・腰や臀部に張りがありますか❓】
最近、何か同じ姿勢で長時間いたりしましたか❓

そんな声がけができるんです

◯曜日の私のストレッチのクラス出てみませんか❓
そこで臀部の張りをとるストレッチをします・・少し改善するかも・・。

お客様のためでもあり
結果、それが自身のためにもなる・・・

それがやりがいとなり、生きがいとなる

だからインストラクターのスキルアップを望んでいます。
そして今プロコースとして毎月オンラインでのリアルセミナー開催と
アーカイブでの受講が可能な展開をしています。

 

そして、今後はインストラクターの皆さんがさらに
パーソナルトレーニングの指導ができるように
養成していく予定です。

特に機能改善に強いパーソナルトレーナーを増やします❗️

インストラクターがパーソナルトレーナーもできたら
最強です❗️

現在プロコースのメンバー募集中です♪

 

そして次回10月26日は

上三つはすでにアーカイブで見られます。
プロコースに登録した方のみ。

 

 

シェアする