苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちゃんです

9月末と10月は私の二人の息子たちの

誕生日でした

15歳と17歳になりました

 

次男はもうすぐ高校生
長男は後一年半で
就職です。

早いです・・・ね⭐️

私は子供たちが産まれて
小学校の低学年あたりまで
できるだけ

お仕事は抑えました

できるだけ・・・、笑

週三回くらいだったかな・・・

だけど働かないと収入が・・・
となって、
子供たちを預かり保育に預けて17時くらいまで

働いていたりしました

お仕事の依頼はありがたいことにあったので

週末はお仕事があって、
運動会にあんまり参加できなかったな。。
結果を聞くだけでした

母親としては

ダメダメです

 

 

だけど、子供たちはほとんど寂しいとか
行ってきたことはなかった

無理させてたのかな。。

非行に走ることもなかった

 

反抗期もなかった

ただ、私が行事にいけないことを
一度も何も言わなかった・・・

うちは特別な家庭

だけど
かわいそうな家庭ではないよ

 

と長男に何度も言われた
俺たちはかわいそうなんて思ってないし
お母さんを尊敬してると・・・。

 

私は一般的な母親と比べたら
ぎりぎり夕飯作るくらいで
ギリギリ制服が破れたら縫うくらいで

弁当は作ったけど

あとは
母親らしいことはできていない・・

 

ボケボケしていて

何かあったらいつも長男が相談に乗ってくれて
私が元気でテンションな時も相手してくれて

私が疲れてぐったりしている時も
気にかけてくれて

茶碗片付けてくれたり
ご飯つくってくれたり・・・

結果的にうちは
母親がしっかりしない方が子供たちが

しっかり立派に育ちました。

次男の誕生日時はケーキを買ってあげました
長男の時は何もしてない。。笑

 

長男はもうケーキがくどいらしく
食べたがらないです

クリスマスもうちにはない・・笑

 

だから
よしきお誕生日おめでとう

17歳だっけ❓を
聞きました

そしたら長男に
正解!!!!!おめでとう

って私が祝われた笑

ちゃんと覚えててくれたんだね
ありがとうって。。。。

私は本当に子供たちに恵まれてる

親ガチャだのなんだのが世間で流行ってますが
なんて話・・・

おやは選べない・・よく言えたもんだ・・・

どんだけの痛みと苦しみに耐えて
この世に新しい命を誕生させたと思ってるんだろ

10カ月間、お母さんは子供たちをお腹の中で
大切に大切に育てて
栄養もわたして

時に具合も悪くなって
お腹張らして

しっかり育てて
大きくしてもらってこの世に出してもらってるのに

選べないとか言っちゃうのは
ありえないすぎる

私も今の自分があるのは父と母のおかげです。

人生は山あり谷あり
楽あれば苦あり

私もいろんなことがありました
いいこともよくないこともいっぱい

それらを踏まえてこれから皆さんに
恩返ししていきたい

息子たちにも・・・・

息子たちにもたくさん苦労して
たくさん笑って

生きた証を次の人たちに伝えてもらいたいです

息子たちは私の宝物だけど

私のものではありません
生まれてきてくれてありがとうです。。

 

シェアする