苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億2000万人の

健康を守る木田ちゃんです

コロナ前に私のスタジオにきてくださっていた
パーソナルトレーニングのクライアントさん

最初に
身体の可動域チェックなどをしながら
話の中で

どうなりたいか・・

そしてどうありたいか・・・・

をさりげなく聞き出します。

 

 

ここが痛いとか、ここをこうしたい・・
という具体的な
話をしてくださる方もいますが

 

みんな、最終的には
どんな生き方をしたいか・・

自分の先を見たときに
どんな人生をいきたいか・・・を

話し出してくれます。

 

わたしはリハビリができるわけではないし
理学療法士ではない

 

パーソナルトレーナーとして
できるフィットネスのアプローチをしていくだけ

なんですが、

 

お医者様が動くのOK

,

とさえ言ってくれたら
あとは
クライアントさんの反応を見ながら

動かせるところを動かしていきます

 

多くの方が
自分の力でご飯を食べたい
自分の力でトイレにいきたい

息子、娘、嫁の世話にならずに
他人に迷惑かけずに
自分の力で生きていきたい

と言います。

 

その基盤があって

やりたいことができる
夢が叶えられる

好きなことができて
好きな人と共に過ごせる

 

当たり前が当たり前じゃなくなっていく・・

そんな自分の先を考えて
今は自分の未来のため

そして大切な人たちのために
フィットネスを取り入れようとしている

医療費より
先に
先行投資して欲しいです

あなたの将来を決めるのは
動ける今なんです

そして

私たちフィットネスインストラクター

フィットネストレーナー
パーソナルトレーナー

をもっともっとたくさん増やして、

いつでも電話一つ、
メール一つで
電波で繋がり

オンラインでフィットネス提供できる時代が
くる❗️

 

もうきてる❗️
天気予報は177

時報は117

 

昔はさ、インターネットを調べるのが
難しくて
使えなくて

 

天気を知りたい時は
毎朝177に電話してた

 

そんな感じで
あぁ〜。。。運動しよう❗️っておもったときに

パッとプロにつながる時代・・

そんな時代であるためには
たくさんの運動指導者が必要

人は一人では生きていけない
だけど最後まで一人で強く

生きたい

と願う

 

一人で強く立ち、一人だ強く生きられるから
誰かと共に生きていける

必ずそんな時代になるように

私は、私が生きている間に
息子たちに誇れるような

運動指導者のあり方を作ってみたい・・・。

 

 

シェアする