苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

 

コロナで東京オリンピックは延期しましたが

オリンピック招致の際に
何かと話題になった

おもてなし

わたし、実はおもてなしスペシャリスト 笑

 

 

それ以前に
おもてなしのセミナーを受けたことがありました。

できているかはわかりませんが・・・

数年前、京都にいった時の写真

おもてなしというと
京都での接客を思い出す

古き良き日本人の心得

 

おもてなしセミナーでは
相手本意の一歩先ゆくやさしさの行為がおもてなし・・

と学びました

 

私は先日、からだワーク®️協会の
マスタートレーナー研修の中で

この

おもてなし

 


キューイングの質を高める考え方と
提起しました。

受け取り側が
心地よく
痒いところに手が届く・・いや。。逆に
痒いところなんて出ないくらい

心地よい状態・・・

そんな指導はもう究極です

 

心地がいいって素晴らしい

 

しかも

心地がいいだけじゃなく
さらに追求していくと

いい意味で期待を裏切る

 

予想を上回ることができるんです。

お客様の求めるものがサービス
お客様の予想を上回るものが

おもてなし

 

 

おもてなしに必要なのは
自分自身の余裕です。

お客様の状況を読み取り
臨機応変に対応する

ここに寄り添うこと

 

それをするためにはまずは
自分自身に余裕があることが大事です

おもてなしキューイングを活用するためには
どうしたらいいか・・

そんなこともロジカルに説明する
講習会もこれからは

提供していきたいです。

 

そんなおもてなしも学べるのが
スーパーストレッチのワークショップです

https://karadawork.jp/training/karada-bar/

是非ご参加ください!

 

シェアする