苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです

皆さんは何度、熱が出たらレッスンを
お休みしますか?

自分の大丈夫ラインってどこですか?

 

インストラクターでも
悔しいけど風邪をひく・・・(笑)

インストラクターも
悲しいけど胃腸炎になる・・頭痛になる

 

そんな時、
皆さんが待ってるから・・・
皆さんが

皆さんが・・・

って皆さんの為に自分の身体のサインを無視して
強行レッスンしていたりしますか?

ケガしていたり
どこか痛くて痛くて耐えらない状態で
仕事していますか?

どこで自分にストップかけますか?

 

今日は何が良い判断か迷う・・・の
お話です。。。

 

 

わたし。。。

自分しかできないレッスンが昔あって
その日が新曲初お披露目で

変わりは誰もいなくて、、
前日の夜から熱を出していて

休みたくなくて
午前中に病院に行って
注射をしてもらって

 

夕方、レッスンしました。
今から8年くらい前の話です・・・

レッスンはいつも以上に気を張っていたので
ノーミスでいい感じで(BODY CCOMBATだった・・(笑))

そのあと、からだに発疹がでて
必死に車で40分かけけて帰宅して

寝て朝起きて
トイレに行って排尿したら
血圧が下がって

倒れてしまいました・・

すぐに病院に行き
血圧が下40の上70くらいで

だんだん意識が遠のく感じで
首が硬直して
熱も39度くらいで

救急車で大きな病院に搬送されて
血液検査したら

一時的な白血病のような状態で
血小板の数値が異常で
腎不全になり

入院しました。

その時に天国のじいちゃんが
黙々と出てきて
一人の身体じゃないんだぞ!

と怒られた・・・。気がした

 

インストラクターさんは
日頃動いているし
体力もある

責任感も強い

 

だから
普通の人の具合よくない状態でも
頑張れちゃう・・。

もちろんインストラクターじゃなくても
社会人だったら
できるだけ休みたくないのは当たり前。

 

フリーランスのインストラクターは
収入にも影響するので
休まない・・

 

という方

結構いると思うんです。

だけど
私もその自身の体調悪化の体験があってから
身体のサインを見逃さないようにしました

 

体調悪いままレッスンして
それをみて、受けているお客様は
どう思うか・・・

 

レッスンしてくれてありがとう~★

ではなく
そんな状態でレッスンして、心配
休んでください

身体を大事にしてください

 

と思うはずです

 

なんどもそんな風に言われたことがある

もちろん休みたくても
代行が見つからなかったり
急すぎてどうにもならない状況も

あるけど

休むとお客様を悲しませるから・・・・

 

というお客さまを盾にした捉え方で
お客様を言い訳にするのではなく

むしろお客様は
インストラクターの元気な姿
生き生きした楽しい笑顔のレッスンを

いつまでも受け続けていたいと思ってくれている

 

ハズなので

 

もし・・・そう感じていないお客様が

いたとしたら
インストラクターとちゃんとコミュニケーションが取れていない
信頼を得られていない・・

インストラクターの責任

 

日頃から真摯に向き合い
ちゃんと想いを発し続けていたら
お客様はわかってくださいます。

 

そしてクラブ様も
具合悪いままレッスンしてください‥なんてゆう
クラブがあったのなら

そこはいるべきではないところかも・・・。

 

休むのも仕事

 

とよく言います。

 

 

本来は体調が悪くならないように
ケアを欠かさないのが
理想ですが

これだけ人と会う仕事ですし
業務がハードだと睡眠がちゃんととれなかったり
疲れがたまって免疫が落ちていたりします

 

痛いところ、具合がよくない時は
ちゃんと自分で自分の身体を理解し

プロとして、ちゃんと休み
次にしっかり調整していくべき

物事は0か100しかない

 

やるか、やらないか・・

やると決めたらしっかりやる!です。
なんとなくできる範囲でやる・・は

 

ナンセンス

最近、理解してきた、、、(((^_^;)です

 

 

シェアする