苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の健康をまもる

木田ちゃんです

私はからだを動かすことを仕事としていて
身体のことを伝えていますが

 

動くからだを作るのは
食べ物です。

動くからだであるためには
身体づくりが必要です。

だから
栄養のことも学ぶようになりました

一般的にメディアで流れている情報や
私たちが学生時代・・うん・・20年前

くらいに学んだこと、親から言われていた
教え・・的なものは

今の時代はもうアップデートが必要だったりします

間違いではない・・

 

間違いではないんだけど
今のコノ時代の食と生活環境では
ナンセンス・・・

 

 

ということが多いです

まず、
減量がしたい・・・とか

身体を絞めたい・・

 

そんな方が心がけてほしいことは
食べるのをやめるんじゃなく
絶食とかじゃなく

食べるべきものを食べ
食べなくてもいいものは無理に食べない

 

心がけてみてほしいこと↓

・朝に炭水化物を摂りましょう
(インスリンが分泌されて脂肪燃焼がしやすくなります)

・朝、果物は食べない方がいいです
(果物は果糖です。脂肪にすぐ変わります)

・お菓子、果物を食べたいなら昼にしましょう
(昼はからだの代謝効率が高いです。その時間なら・・)

・乳製品はカルシウムが入っていますが、脂質が半分以上です
骨粗鬆症の予防のためにカルシウムを摂りたいなら、
他のもので採ったほうがいいです。
例えば野菜・・水菜とかたくさん入っています。

・乳製品は栄養価が高いです。
昔の終戦直後、食べ物が少ない時、栄養が
足りない人たちには

牛乳などの高栄養、高脂質のものが
少ない量でも生きていくには必要でした

今、皆さん、栄養たりすぎてます・・

 

栄養過多です

そんな状態乳製品は過度に脂肪を摂っている感じになります

栄養が足りない方・・

または食が細く高齢者の方など
は乳製品は取るべきです。

減量したい・・絞りたいなら
とる必要ない気がします。

 

腸内環境をよくしたい・・のなら
食物繊維で摂取してみてください。

食物繊維が分解されて出た
代謝物が乳酸菌、オリゴ糖です。

 

それで十分です。

三食炭水化物は少ながらず

摂取すべきです。

 

少なからずです・・・食べすぎはアウトです。

朝果物入りヨーグルト・・・は
おしゃれですが、デブまっしぐらです・・・(笑)

 

我慢するのが
食事管理、食事制限ではないです

食べ方、
選択をする!

これが大事です。

 

 

 

 

 

シェアする