苫小牧市民17万人
北海道民560万人
日本国民1億3000万人の

健康を守る木田ちゃんです。

スポルテック2019に

からだワーク協会が初出展しました。

からだワーク協会のメンバーは
4年目に入り、より洗練された仲間が
今のチームを作っています。

 

会社ではありません。

なのでトップダウン方式ではない

もちろん最初は何もないところからスタートしたので
こうしてみてほしいということに対して
まずはそのまま

やってみる

 

できないようなこともやってみる

一度やってみたらそこからケーススタディが生まれ
気付きが生まれ

何が必要か、
何をしていくべきが見えてくる

 

そこへのたくさんのハードルを
越えられず、マッチしなくて違う道を
進んでいく人たちもいました

 

その人たちは消していけないわけではなく

ただ進む道が違うだけ。
より自分に合う道を選んで次に進んで
行きました。

私たちがそこでできるのは次の道を応援すること。

 

今のこっているメンバー

特に初期からのマスタートレーナー
今のグランドマスター陣は

ここに至るまでたくさんの波を越えてきました

何回泣いて、何回辞めると言って

何回、笑って

何回励まして

 

私は最初のころ・・・ものすごい雨、やり、風、を
うけた・・・今ではいい思い出です

 

 

それが自分の役割だから。。。
と腹を決めていました。

昔、
イタリアに行ったときに
ある方に

貴方はジャンヌダルクね

と言われたことがありました。

 

最後は民衆のために
自分を武装し、先頭に立ち、進み
最後は火あぶりの刑に処されたジャンヌダルク

そんな自分の役割というのを
みんなそれぞれが感じ、

 

そこをみんなで認め合い、
相手を信じ、委ねる

それができ始めたのはこの半年くらい

 

そこから、なんだかみんながより一つになり
動き始めていました。

からだバー®は特に何もなかったので
作る作業にものすごい知識と労力を注ぎました

それをみんなが納得するように

理解できるように
実践に実践を繰り返し、
理論をつけ、

ヒトの手に渡るようにしました。

そうしたものを言葉にし、
文字にし、
計画を立て、

世に出す・・

 

そこをがっちり行っていただいたのは
山田代表

どちらか一方だけが頑張ってもダメ

どちらもそれぞれが役割を自覚し
全うすることで
他の方も使えるものになる

他の人に渡ると更に素晴らしい形に変わる

 

その過程を見てきたこの3年

 

スポルテックの出展が決まり
ぎりぎりの準備でみんなワタワタでした。

私は以前ラディカルの方でブース出展のお手伝いを
していたことがあり、

どんなものかを知っていたので、

初参加の方たちの不安をぬぐうために
人肌脱ぐ覚悟を決めました。

 

ブースの雰囲気は外から見たらすぐに伝わる

ブース内よくないものは

ブースの外から見たもよくない

 

ブース内が一つになっていたら
ブースの外から見ても

一体感があるものになる

私はまずチームのみんなのやる気スイッチと
不安なんて感じないスイッチ
自分に自信を持っていいんだスイッチを

ONにするところからスタートしました。

 

なんでそこまでできるの・・

 

 

そこまでできるんでしょうね

他の皆さんの頑張りもそう・・・
なんでそこまでできるんでしょうね

 

わたしは4日間来ているので
ホテル、飛行機、代行分・・・考えたら
ものすごい金額の投資・・です

 

きっと価値があるし、

まさに未来への投資・・・なんでしょう

 

なんでそこまでできるか・・
そこにはちゃんと一つの目的があるから

そして、みんなその目的が明確にできていた

進み方は人それぞれだけど、目的は明確

一人はみんなのために、みんなは一人のために

ではなく

 

一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために

が正解です。。

 

 

素晴らしいチームになりました。
続く・・・

 

シェアする