苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです✨

 

なにか、物事を伝えるとき、

教えるとき、

 

多分そのものに対してのゴール

 

基準があります。

 

ここまでできたらヨシ

これならダメ

 

伝える側にいるとき、

その基準が

自分基準になるときがある。。。

 

からだジャンプ®️やからだバー®️で養成をした方から

よく

 

「◯◯ができないひとはどうしたらできますか?やらないほうがいいんですか?」

と言う質問が来ます。

まず、

伝えるがわがおもう、

こうなってほしいと言うゴールがある

 

そのゴールに達していないヒトがいたときに

 

出来てない、だめ

 

じゃなく、

その人がどこまでできているかを

見極める

 

前にからだバー®️を高齢者施設で提供した時、

 

片腕がないひとがいた、、

 

本来ならバーが持てないから

そもそも無しなパターン

 

でもそれはこちら側が決めたゴールで、

そのかたがどこまでできているかを

 

見極める

 

出来ないところにフォーカスせずに

ポジティブにとらえる。

 

何が可能か、何が出来るかを

見極める

 

片方のうではつかえる、

 

目と耳はダイジョブ

コミュニケーションもとれる

 

ならば、そのつぎの段階はなにか、、。

 

と出来てるところを活かす

誰かにバーを片方もってもらう!

 

こうやって、ゴールを瞬時に相手側に切り替える。

そうすると、出来ないところばかりに目がいくことはなく、

 

 

出来ている部分が見え始める

そうして、出来るところを活かし

伸ばすと、

自然とできない部分はカバーできて、

うまくいくようになったりする✨✨

 

だから、

 

ゴールは一つじゃない(*^^*)

 

 

 

 

シェアする