苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人の健康を守る

木田ちゃんです

 

先日、自宅に子供の塾の勧誘電話がしつこくかかってきました。

私が中途半端な返事をしてしまったもんだから、

隙があるとみて、担当を変えて電話を難度もかけてくる

 

向こうは良かれと思って、かけてくれるんですが、

 

私には不快感

フィットネスというカテゴリーは

理想は生活の中に運動として入り込んでいてほしい

 

栄養、休養、運動・・・

 

これが生きる中で必要な3つ

 

身体の機能を維持するのに必要な項目

 

だけど運動は自発的にやらなくてはいけない・・

 

 

と思う方も多いです。

やらなくてはいけない・・ではなく、

やることが生きること。

 

身体を何かしらメンテナンスするのが

 

食事をとるのとおんなじで

 

生きるのに必要なこと

 

フィットネスクラブやサークルなどで、

運動提供していますが、

そこに来る方は嫌々来る人はほとんどいません。

 

自発的にやりたい!、もしくはやる必要がある!

 

と思ってきます。

そして、その中でできた!とか、変わった!

となって、楽しい!気持ちい!続けたいに変わる

 

たまに、行き過ぎて疲労をためてしまい、

逆に辞めなくてはいけない・・という場合がある

 

そこをお客さま自身はわからない

 

楽しいから痛くてもやってしまう

危険な動作でも

 

楽しいから痛みに耐えながらやってしまう

 

それを見極め、しっかり伝え

そうならない導き方をするか

今のあなたに何が必要かをちゃんと伝える義務が

 

インストラクターにはあります。

それに、従うかどうかはお客様本人ですが・・・。

 

私も今まで、

『休んでください』

 

を何度か言ったことがありました

でも、ここ最近、思うんです。

 

大好きなことを休む

止められる

 

それってすごく苦痛・・・

 

わたしから楽しいことを奪わないで・・

何をすればいいの?

何にもしなくて、余計に具合悪くなる・・・

 

休んだほうがいいですよ・・って伝えていた時

 

大抵皆さんの顔は悲しくなります

もちろん、そうなる前に

適したことを伝えなくてはいけなかったのですが

 

身体をメンテナンスという観点で

完全に動かさない・・・ではなく

 

アクティブレスト・・積極的休養として、

最近は

 

ご自身でこんなことをやってください!

 

と伝えています。

人は課題があると、目的があると、

張り合いが持てるものです

 

 

目的がないと、堕落していきそうになる

 

日常に張り合いを持ってほしい

 

一日一日をいい生き方で過ごしてほしい

ダラダラの中でも、積極的なダラダラがいい(笑)

 

後悔なダラダラにならないように。。

 

私はパーソナルアプローチをした際に

その方のからだを見て、

休むを極力言わず、自宅で、ご自分でできる

身体メンテナンスの方法を伝えます。

 

これをするといいですよ・・・と。

 

キッズのパーソナルの時もおんなじ。

 

 

やるかやらないかはあなた次第(笑)

からだバー®はそのアイテムに最適!

 

貴方にあったエクササイズをお伝えし、

これとこれをやってみましょうと伝えられる。

 

貴方にあった方法を伝えられる

 

どうしてもスポーツクラブにある筋トレマシンは

当時私もスタッフで指導していましたが、

 

マシンに動かされている

という感覚を持ってしまう・・

正しくからだを使えていないまま、重りを増やすことに

意識がいきがち

 

 

スタッフさん‥ちゃんと見抜いてるのかな?

ただ見回りしているだけになっていないかな・・

 

メニュー組めばいい・・・になっていないかな?

 

その点

からだバー®はものさしになる

 

ちゃんと動く感覚がわかる

伸びる感覚がわかる

 

変化していく感覚がわかる

あなたがあなたらしくいてくれることが

みんな、望んでいることです。

自宅でからだバー®️✨✨

来年1/5,6

ボディリマインドでからだバー®

2級 5日10:00~14:00

1級 6日10:00~18:00

で開催します。

あなたの人生がより良いものに

なるように・・・

健康未来に続くように・・・。

kida0331@gmail.comまで。いつでも連絡ください。

 

 

 

 

シェアする