苫小牧市民17万人

北海道民560万人

日本国民1億3000万人

の健康を守る木田ちゃんです。

 

2日間、同級生の親御さんと、大変お世話になった方のお二人の葬儀が続きました。。

 

生と死と向き合う二日間

 

いろんな涙がこの二日間流れてきます。

 

私がスタジオを作りたいと話したときに、

共同でスタジオ作る?とか

 

チャリティイベントの際に毎年、

 

沢山の協賛をいただき、

 

協賛金だけでなく、

ご自身が代表を務めている関係のたくさんの苫小牧市内の飲食店

の食事券を出してくださったり、

 

私が第一回目の震災復興チャリティイベントをした際に、

お誕生日の方のお祝いをサプライズでしたいという話を

 

その方にしたらすごく大きなケーキを

準備してくださった・・・

 

そしたら、

別部屋にこっそり

わたしにもケーキを用意してくださっていた・・・

 

 

粋な

 

優しく

 

アツい

 

かっこいい

 

面倒見のいい

 

まじめで

 

ストイックな

 

人格者

 

葬儀の中では

 

苫小牧の活性化、商店街の発展に欠かせない中心人物

と言っていました。

 

今の苫小牧があるのはその方のお陰

 

たくさんの方が参列されていて、こんなにお花が集まるんだっていうくらい大量の供花

 

葬儀委員長さんのお言葉の中に

低血糖で頻繁に倒れていた

という話がありました

 

 

 

私も以前お会いしてお話したときに

糖質制限しているということを聞きました。

 

何が確実な死因なのかは

 

だれもわからないけど、

 

一つ言えるのは、

これは運動指導者、栄養コンシェルジュとして

ですが、

 

糖質制限を間違えないようにしてほしい・・・

 

ということ。

炭水化物抜きとかしてる人いたら、

 

絶対やめてほしい

お願いです・・

 

 

その時、スッと体重は減るけど、炭水化物を

取らないとからだはどうなるかわかりますか?

 

糖質制限って糖質を取らないことではない。。。。

 

果糖を制限するのはいい

 

炭水化物の中にある糖を取らないとからだはどうなるか・・

 

 

メディアでは糖質制限

って簡単に言います。

 

炭水化物抜きダイエットとか言ってます・・

 

それってからだが最悪な状態になって

負のスパイラルを起こしていくことを

メディアでは出さない・・・

 

 

朝の野菜ジュースのみとか

ヨーグルトと果物だけとか

 

昔はやった時期あったけど危険すぎて

 

今はやらない

残された娘さんと奥さんを見ていられませんでした。

この死を無駄にしないためにも

 

わたしは栄養コンシェルジュの旦那と

ここ数日毎日話しています。

 

何が正しいか・・

 

身体の仕組みを知らないまま、手っ取り早く

体重が変化することばかりをピックアップして・・

 

その代償でからだがどうなるかをみんな知らない

 

そもそものからだの仕組みを知らないまま

 

何かを減らしたりするから、

 

そもそもの機能を果たしきれないまま

壊れるに決まってる

 

 

ガソリンを入れないまま車は走れるわけがない

 

ブレーキがこわれたまま車が走れるわけがない

 

走っても止まれるわけがない

低血糖には原因があります

 

自分でコントロールできることと

 

できないことがあります。

命を落としてしまってはいけない・・・

 

 

正しい運動指導と栄養指導をしていかなくては・・・

 

と改めて心に刻みました。

お悔やみ申し上げると同時に

死を無駄にせずしっかり皆さんに伝えていきます。。。

 

 

 

 

シェアする