苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

10年前くらいにZUMBAに出会い、苫小牧で一番最初に提供しました。

楽しくて楽しくて、、、音楽に合わせて踊り狂いました・・・。

話さずに、からだの動きだけでお客様を導く。。。

だから、自分は大きくしっかり動く。。。

 

そしてお客様はそれを真似して動く・・・。

 

ちゃんと伝えている・・・・・つもり・・

 

 

つもりでした。。。

参加していた方が膝が痛い…腰が痛い。。。

 

そんな声がちらほら出始めました

 

プログラムはこんなに楽しいし、自分はしっかり動いている・・・

どうしたら。。。どうしたら・・・

ZUMBAに限らず、きっとほかのプログラム、ダンス系もエアロも、ピラティスもヨガもきっとなんでもそうです。

ちゃんとした動きを伝える側に行けたら変わるかな・・マスタートレーナーになったら何か変わるかな・・・とか思ってオーディションもチャレンジしたりした・・・(笑)

 

 

伝えている・・・つもりなのはインストラクター側の自己満足。。。

伝わっているかどうかはお客様のからだ変化、反応、感覚、が全て。

 

私はダンスができたらいいな・・・とダンサーさんにあこがれて生きてきました。

でも結局ダンスはしっかり学んだことがない・・

エアロビクスを極めたこともない・・だけど、颯爽とコリオを難なくこなしていく人たちにあこがれています。

 

からだのためにやる・・・とかじゃなく、単純にあんなふうに動いてみたいな・・・気持ちいだろうな・・・とゆう感じ。。

 

多分、参加している方もそんな動機だったりしませんか?

だから、最高の趣味なんです♪

 

その趣味は死ぬまで続けたいし、でもそれでからだを壊したくない・・・

 

だからってそうゆうレッスンを辞める気はない。

からだに負担がかかるから、レッスンを辞める・・・なんてことは絶対しない

だってやりたいんだもん!

 

ならば、ちゃんと見抜いて、導いてあげられるような視点で伝えていこう。

独りよがりにならないように・・・。

 

それがもしレッスンの中でできないのならば、

せめてそれ以外で、皆様自身が自分のからだに意識を向けられるような機会や、コンテンツ、プログラムを作ろう

 

そんな思いで今、様々な場所でワークショップしています。

うまくなってほしい・・・のが目的ではなく、

 

ご自身がまずはご自分のからだの感覚に気付く、知る・・

こうするとこうなる・・ということを与えられるだけじゃなく、自分で理解し、

 

自分の中でこの動きがベスト・・・またはベターというところを知る・・

そうすることが必然的にうまくなる

痛みなく、やり続けられる・・・に繋がる

 

私はもっともっと皆様にエアロビクスや、ダンス系エクササイズをプレゼンターとして提供したい。。

し続けたい

 

楽しいから。

 

そのためにやるべきことをもっともっとやります。

 

 

 

 

 

 

シェアする