おはようございます

苫小牧市民17万人も北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

西日本豪雨被害により被災された皆様の想いや、失われた命の重さをしっかりと受け取め,

フィットネス指導をしている自分にとってできることの形が今は、この形となりました。

 

そして皆さんの、何か助けになることはないか・・・できることはないか・・・という気持ちを受け取って日本赤十字社に寄付してて来ます。

日本赤十字社に義援金として送られると義援金募集委員会とい窓口があり、そこから被災地域の義援金配分委員会に送られ被災者の皆様に配分されるそうです。

直接現地に行き、ボランティアスタッフをすることや、物資を送ることもできますが、

いろいろ情報や、現在の環境を考えた結果、義援金として送ることをえらびました。

賛同していただける方がいましたら、私が皆様の善意を代表いたしまして責任をもって郵便局から送らせていただきます。

本日、熊本で開催予定のイベントの全額を寄付させていただきたいと思います。

 

 

シェアする