苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

自分の特徴、自分の個性って自分でわかりますか?

特徴とか、個性とか、いわゆるオリジナリティ的なものって、それ以外と比較したときに周りがそれを評価して『あのひとは、なんか違う、ここが違う』と決めてくれる

それを知ることができて本人は気付く・・

 

そんな気がしています。

自分しかいなかったらそれは当たり前だから、個性的でもなんでもなく、当たり前のこと

 

オリジナリティが生まれるときって実はゼロがスタートではないんですよね

何かを活用しています

 

何かを真似しているのです。

何かベースになる部分をまずは活用したうえで、そこに人とは違う何か自分らしいものを付け足していく。

その自分らしいものにどれだけ投資して

どれだけ時間かけて、

 

どれだけ愛をこめられるかがほかの人との違いになるんだと思う・・

 

 

その根底の基礎の部分が崩れてしまっては、

枝葉が伸びたら根は腐ります・・

 

まずはちゃんとした土壌づくり、そして根を張り、幹を育て、枝葉を広げていく

 

時に剪定し、しっかり全てに栄養が行くようにし

青々とした葉を広げて、またそこから光合成し周りのみんなにも栄養を与える

 

オリジナリティは自分にしかできない強み・・

 

なのでおんなじことをほかの誰かがすることはできません。

 

そのオリジナリティをまた、理論にして、人にコンテンツとして伝えていくこともできます。

それを得た人が、またそこに自分らしさを加えてオリジナルを作って行く・・・その繰り返し・・・

 

本当に本当に一つのもの、世界にたった一つのものって広まらないし、

 

その人が消えてしまうともう、その想いは継承されない

 

想いは継承されて形は変化していく・・そのためには、

オリジナルでいるべきものと

みんなに伝える形作りになるもの・・・・

 

が必要かな・・・

そんなことを最近すごく思う。。

 

私はよく。、、個性的といわれます(笑)

私自身はいたってノーマル

 

だけど、

そこに価値をしっかり感じて、それを強みにしていく場面と、

 

逆にその個性をカタチにして、想いを乗せて広げていくものも必要

 

ここからはまた、もう一段先に進みます!

 

シェアする