苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

私が大好きな、リスペクトしてやまない登山家の栗城史多さんが、エベレストで亡くなりました・・・。http://www.kurikiyama.jp/

 

熊本からの帰りで知った・・・ショックでショックで、昨日も今日も頭の中を駆け巡っています。。

その生き方、その志が好きすぎて、会いに行きました

 

会いに行って、自分のイベントに講演しに来てほしい…という話すら関係者に出してみたりしていました。

彼の講演を聞きました。彼はおんなじ北海道人。年齢も近い(私の一つ下)

 

彼の登山のきっかけはすごく軽いもの。

え?それがきっかけ?というようなもの・・・

 

そこから今に至ります。

彼の講演を私は旦那と聞きに行きました。

そこで自分の夢を口に出すという時間があり、私は旦那に自分の夢を伝えました。

 

そして私はそこで初めて旦那の夢を知りました。

 

旦那はそのあとその夢をかなえました。

 

 

もちろん私もかなえました。

人は漠然と何かにあこがれを持っていたり、きっかけがあって、これをしてみたい!という想いを抱くことがあります。

でも今の自分の能力を考えたり

今の自分の環境、

そして周りからの声、

 

やったことないこと。。。リスク。。

 

なんてことを考えると、一歩踏み出す勇気が持てない

動くことで批難する人もいる

そんな無理だよ・なんであなたがそんなことやる必要あるの?

 

もっとやれることあるでしょ?

 

どうせ無理だよ

 

そんな声が出てきます。

 

だけど、強い気持ち、少ないかもしれないけど、応援してくれる人、

一度しかない自分の命

そこにかける想い、、、その先の未来

 

一歩踏み出す・・・すごく勇気いるけど、踏み出す、

踏み出すと見えてくる。。。

 

でも失敗することもある、毎回、毎回、うまくいくわけではない・・・

 

失敗すると『ほらね?だから言ったでしょ?』と言われます

 

失敗から学ぶものがあること、失敗したそのもの以上に見えてきた部分が何倍もあること

そこをわかっていれば、自分に何ができるか、何をすべきか

 

を見つけるために様々な取り組みをする勇気を持つことができ、それを行動に移すこともできる。

 

今回、熊本ツアーで二つの挑戦を内容に入れました。

 

からだバー®2級講習会、からだジャンプ®1級指導者認定講習会

 

普通にレッスンに参加していれば受けることはできるプログラム

それをさらに深く学びたい、知りたい、習得したい・・そうすることで何かに活かしたい。

 

自分のため

家族のため。

 

地域のため。。。。

 

人は自分のために生きることが 原動力になる人もいれば、

誰かのために生きることが原動力になる人もいます。

 

どちらでいいと思う。

 

思った後に行動に移すかどうかが、人生の幅を持たせる・・・。。

 

そんなあなたの生き方が人に勇気を与え、元気を与えることもある。

 

栗城さんのように私も、進み続けたい・・

 

栗城さん・・・亡くなっちゃったのはダメです・・・。山で死ねたら本望と思う人もいるかもしれないけど、本人はきっと悔しいはず・・・。

指を9本失っても、挑戦した彼なんだから、悔しいはず・・・

 

彼の分も…。なんて大きなこと言えないけど、未来のために今何を選択することがベストか、をちゃんと考え、生きていこうと感じました。

 

栗城さん、ありがとう・・・天国でエベレストを上から見ていてください。

熊本の皆様、今回も様々なレッスンご参加いただきありがとうございました!

緒方さん

徳山さん、

サポートありがとうございました★

そして今までからだワーク協会で1級2級を受講してきてくれたたくさんの皆さん、

 

皆さんの勇気と行動に拍手・・・そして、そこから、活動を始めたり、誰かのために生きていたり

自分自身がキラキラ輝けている方・・・・

あなたは素敵です。

 

シェアする