こんにちは

 

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

それまで二刀流はありえない・・・無理・・・と言われていたことをこなしてしまう人が出てきた。

 

しかもただできるじゃなくて、それでちゃんと結果を出している

そうなると、それがいいこと。。。または否定していた人は肯定し始める・・・

 

二刀流に関しては、、、ちょっと次元が違う話だけど・・・。

 

それまでは、これが妥当です、と言われたいたこと・・・みんながやっていたことをまた誰かもやる。数多くそれをやる。。。

そしてそんな中で、一つ何か飛び出ることは、単純にやる量が多いのではなく、

 

きっとほかの人にはやっていない何か違うことをやっていたりする・・・

 

またはできるようになっていたりする。

 

それはきっと自分に合ったものを見つけられたから。

 

人と違うことをする・・・ということは、ただやみくもにしたんじゃなくて、

 

きっと自分に合ったものを見つけることができたんだと思う。

 

わかっていてそれがだ来たんじゃなくて、

試してみたらそれが自分に合っていた・・・ということ。

 

 

だから、こうしなさい。こうするべき!、はもしかしたら

そうじゃないものもあるかもしれない・・・・と捉えながら広い視野ていろいろ考えるといいかも・・・。

 

その中でも変えられない事実というのもあります。

 

例えば人の身体の構造、仕組み・・・

これは変えられない

 

 

だけど、癖や何かで、その仕組みをちゃんと使いこなせないでどこかに負担がかかる動きになることもあるかもしれない・・・

できるだけ、無理なく、負担なく

従来のからだの構造、動き方をちゃんと思い出せるような導き方をこれからはしていきたい

 

 

 

 

シェアする