おはようございます

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守るきだちゃんです

人はとかく自分の他人を比べてしまいがちです

比べるだけならばいいですが、比べて自分がその人と違うとき、その人より何かが劣っているとかんじた時、

それがダメ『悪し』

と捉えてしまいます。

あの人は良くて自分はダメなんだと・・・・。

人と自分は違うのは当然です。

心も体も環境もすべて違う

違いに対して、もし、比べた人がいて、それに対してあの人は良くて、あの人はダメということを言ってくる人がいたら、私は逆に『なんて愚かな人なんだろ・・・』っ思うようにしています。

自分の中でも理想の自分っていうのかあると思います

その自分の理想に近い人がいて、その人に対して自分がまだまだたたりない時、

追いつかない時、おんなじ部分を比べようとしているのをやめちゃいます。

違って当然

それはそれ、自分は自分

比べてもいいけど、比べた後にそこに良し悪しをつけるのは何の意味もない。

そんなことよりも自分にしかない部分

自分の個性

自分のいい部分を見つける

キリンと像は違う

キリンは首が長い

象は鼻が長い

だけどキリンと象を比べて

あいつは首が長いからいいけどあいつは首が短いからダメ

あいつは花が鼻が長いからいいけどあいつは短いからダメ

とかならないですよね

おんなじ動物なのに。

キリンと象は形がちがう

人間だって形も性格も違う

比べてもいいけど比べた後に良し悪しはつける必要ないよ♪

人と自分を比べるのは自然なことだけど、それで落ち込んだり、自分を批判したりするのは辛いこと。人と比べても落ち込まないためには、

「ナンバーワンよりオンリーワンを目指す」考え方を意識するのがいいかと思います。

私はよく人とおんなじことをすることを嫌います(笑)

みんなと違うことしたいと思います。

おんなじことするのは安心かもしれないけど、

違うことやると違う世界が見えて楽しい♪

比べて評価するなら

他人よりも

昨日の自分と今日の自分を比べたい

シェアする