苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

苫小牧でインストラクターとして活動して、最初はひたすらにひたすら

動いてきました。

クラブで活動しているだけのインストラクターさんが多く、あまりクラブ外で公民館や、行政さんと活動しているアクティブなインストラクターさんがいなくて、

ベテランなヨガインストラクターなどはいますが、きっとなかなか新規開拓というのは難しく・・・

自分で公民館に行ったり、市役所にいったり、名刺を配ったり、いろんな方のお話を聞いたり、

出会った方との話の中でいかに自分がその方の役に立てるか・・をいつも考えてかかわっていました。

私は今、主婦で、子供がいて、でもお仕事しています

もちろんそこにはたくさんの皆様の理解と協力がある。

子供が小さい時は、難しいけど、子育ての合間を見て、私は二人目の妊娠の時に解剖学の勉強しまくって、

動けるようになったときに役立てるように考えていました。

フリーインストラクターになって、活動が増えてきて、少しずつ依頼が来たり、今まで未開拓だったところに活動の場所を作って、苫小牧では誰もやっていないこと、誰も手を付けていないことに着手しました。

フィットネスインストラクターという仕事があってその仕事はこんなことができて、こんな方たちを幸せにすることができるんです!というのをいろんな手段で知っていただきました。

コンテストで優勝してイタリアに行ったとき、新聞で大きく取り上げてもらいました。

そのあと、街をあるいていたりすると声をかけられるようになりました

苫小牧にもそうゆう人いるんですね!といわれました。

そうなんです!苫小牧にもスポーツクラブだけじゃなく、自由に動けるフィットネスインストラクターがいるんです。地方から呼ばなくてもいるんです!

そんな取り組みを3年間くらいし続けて・・・・ジワジワ広がってきて

それは私だけが取り組むためだけじゃなく、

インストラクターが増えたときにそんなみんなが活動しやすくなるために・・・地盤づくりをする

敷かれたレールを歩くってかっこ悪くないと思うんです。

敷かれたレールすら歩いていけない人も、歩こうとしない人も、歩ける状況にない人もいっぱいいるから。

そうゆう、レールをその人がどんな感じ歩くか・・歩いた先に新しい道を横に作っていくか。。。太くしていくか、、よりきれいなレールにしていくか・・・

道のないところに道を作る苦労は半端じゃない

それは万人にできるものではない

私はそれをやります。

そして、その上をみんなで歩いて均していってもらいたい。

私のもとに以前何人か、インストラクターになりたいです!と祈願してきてくれる方がいました。

若い子たち。

インストラクターってキラキラしてかっこいいです。

インストラクターってかっこいいけど、その分のたくさんの責任とプレシャーがある

と私は思います。

だってお医者様とおんなじだと思ってますから。

そして学ぶにはお金もかかる・・・時間もかかる・・・主婦で家族があるなら、理解が必要・・家事をして育児をして、寝る間を惜しんで学んで、

そして自分でガンバって道を作ってゼロからやっていく。

学びを提供することは私はできるけど、それを自分のものにして、カタチにして、外に出せるようにするのはその人の努力次第。

そして、その形をできるだけゼロではなく

甘いかもしれないけど、活動しやすい状態の環境に仕上げておくのがわたしの役割と思っています

若い子たちはやっぱり、彼ができたり、何か興味があるものができてそちらにいきます。いいんです!全然!だってまだまだ自由にできるときだから。

主婦は、母は、限られた時間、限られた体力、限られたものの中でそれをちゃんと結果として出さなくてはいけない。

誰もが最初は一般人です。私も一般人・・・

木田ちゃんだからできる・・・じゃなく。みんなやればできる

どれだけ何をやるか・・・。

私のお客様だった方に声を掛けました。その方も主婦。

踊るのが大好きな主婦

主婦は強いんです

守るものがあるから。主婦の底力を知っています。

主婦インスタラクターが活動しやすいように北海道健康クラブを作りました

北海道健康クラブというインストラクター集団がいます。

そこをきっかけにいろいろ見たり、学んだり刺激しあったり・・・情報提供したり・・

そこから今4人の主婦と一人の女性インストラクターが苫小牧近郊で活動しています

私のお仕事を皆さんにお渡ししました。

自分に来る依頼はもうほかのメンバーもできます。

だから気持ちよくみんなに渡せます。

そして、私はまた違う道を開拓する。

もっと、インストラクターは増えていいと思っています

だってこんなにいい仕事しているんだもん

人の健康を守るお仕事、たくさんできる人がいた方がいい

当たり前です。

わたしと一緒にインストラクターとして活動していきたいという方いませんか?

北海道で田舎で健康を守るフィットネスインストラクターというお仕事を

子育てしていても、主婦でも、やってみたい!というかたいませんか?

あなたの力を誰かの健康のために役立ててみませんか?

私の周りにはそんな素晴らしい主婦インストラクターがたくさん増えました。

みんな今キラキラしています!

私はそんなみなさんが活動しやすいように環境を整え、アドバイスし、つないでいけるように活動し続けています。

アツい想いのある方。。。遠慮しないで恥ずかしがらないで、わたしなんか。。。思わないで、

私まで連絡下さい。

ダイジョウブ!できるかどうかはやってみなけりゃわかりません。

そして悪いことは一切していませんから。

kida0331@gmail.com

シェアする