苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

今日は年に二回私にご依頼いただいています、子育て支援センター親子リズム体操教室★

のお仕事。

もうかわいいのなんのって・・・。

たまりません(笑

終始ニヤニヤしてます。

もう今から10年も前に通り過ぎてきた部分です。

夜泣きがひどくて、苦労した・・・

何時間抱っこしていただろう、、抱っこして立ったまま何度寝落ちしただろう・・

おっぱいが張って張って痛くて、乳首に針を刺して(当時は爆乳だった・・・笑)

母乳を放出させていたりした。。。

私は仕事も数時間したりしていたから、まだストレスがたまりすぎたり

ノイローゼになりそうになったことはなかった。

母親と旦那の理解と協力で子育てを苦にせず生活して来ることができました。

子育てしたいたときはこんな子育て支援センターってゆうものがあって、

こんなに交流できる場所があることを知りませんでした。

子育てって楽しい、ってだけじゃなく、たまには大変で悩んだり、疲れたり、たまには解放されたいって思うことある・・・

それは決していけないことじゃないし、愛がないわけじゃなく、

むしろちゃんと向き合ってるから、一生懸命に命かけているから、たまに、フッと我に返って自分のことを考えたりしたくなる・・・・

真面目に一生懸命子育てする方が実はしんどくなっちゃったりする・・

私、最初の出産のとき、

布オムツを頑張っていました。

それは母親に勧められて・・・。おむつ代の節約にもなるし、紙おむつが進化しすぎておむつの快適な感覚が慣れてしまってオムツ離れができなくなるから、

ウンチしちゃったときに不快に感じるように、布オムツにしたらいいよと。

でも布オムツ…結構大変。

最初はそうゆうもんだと思って頑張っていたけど、

外出の時に紙おむつを使ったりしてみたらその楽さ加減になれてしまって

わざわざ布オムツを使うのがしんどくなってしまった。。。。

下の子の時も試そうと思ったけど、忙しすぎてできなかった。

子育ては無理しちゃいけない

たくさんの情報や方法、環境、商品があるのなら、

それをうまく使ってもいいんじゃないかな?

使うことが甘えるとか、手抜きとかじゃなくて

やっぱり心のストレスを少しでも軽減できて、幸せな気持ちで子供と向き合えるのなら

そうゆうものってたくさん活用したらいいんじゃないのかな?と思う。

子育て支援センターでいつもサポートしてくださる職員さんと終わった後に話していました。

私の時代はこんな感じの

余裕は持てなかったな・・・と。

今ある環境は使ったもん勝ち!

今日は久しぶりに1~3才児のお母さんになりました★心がほっこり★

シェアする