おはようございます

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

題名はチョコレートの話。

チョコレートの中にはカカオポリフェノールの成分が入っています

そしてそのほかに果糖と脂肪が入っています。

チョコレートを食べたいだけ食べる、たくさんの食べると太ります。

チョコレートをどう食べるか?なんの目的で、どう食べるか・・・で

チョコレートがデメリットにはならないかと思います。

チョコレートには最近の研究で、血圧上昇を防ぐ(正常値の方は正常のまま、高血圧の方は正常値に戻りやすい)とゆうことが発表されています。

だけどすごく高いから、たくさん食べればたくさん下がるか?と言ったらそうではない。

逆にダイエットをしたい方にはチョコレートには脂肪と果糖が含まれているから

食べない方がいいとおもいます。

でも善玉コレステロールは増やす働きがあります。

1日25グラムの摂取が理想と書いてあります。板チョコ一枚は50グラム

実は話したいのは

トランポリンエクササイズの話

私はトランポリンを使ったエクササイズ、

からだジャンプ®を日本からだワーク®協会と共同で開発しています。

トランポリンはさまざまな使いかたがあります。

その目的、用途によりからだに得られる効果影響は大きく変わります。

からだの本質的な能力をたかめるために、協会は様々な取り組みをしています

本質とは何だろう・・

私の感覚では、からだの本質、そもそも生まれてきて使われる機能、動作、あるべき姿・・・

をしっかり引き出し使えることで無理なく、無駄なく、生きていける。

必要以上に強化するのではなく、その方の持っている能力をできるだけ自然に引き出す。

その方自身の能動的な感覚で。

生き方、精神論の本質はまた別にあるかとおもいます。

からだの本質はそんな感じ。

人間のからだは動くことで健康を維持している

動くことで循環が起こり、栄養がいきわたり機能が保たれ、活力あふれる体へと繋がる

そのための能力がちゃんと本質としてあるはずなのでそこをしっかり使うことで健康が維持されていく。と捉えています。

たくさんの情報があふれている時代。

使い方ひとつ、捉え方ひとつ、見る角度一つ違うだけで伝わり方がかわり、不安を抱くこともある。誤解を招くこともある。

いいと思っているから伝えるわけで、ただいいと思っているだけではなく、

それを行った結果、からだの感覚がすごくいいという現場をたくさん見て聞いているので、

それはなぜか?というのをちゃんと伝える責任が私にはある

理学療法士さんや、脳科学の研究をしている方たちに質問したり意見などをいただいたりしました。

私が伝えたいと思っているエクササイズの効果、感覚

目的、をしっかり明確にしてカタチに起こしていくことがこれから大切になるなと感じました。

からだジャンプ®は高く跳ぶというトランポリンの使い方はせずに、滞空時間などはほぼなく、

重力をしっかりからだで感じながら、下に下に押す・・・そして跳ね返ってくる張力を自分の中心軸で捉えていく(それがコアマッスル)

軸や視点を感じられたら下肢は非常に軽くなり、トランポリンから降りたときの重力を感じてからだが重くなる・・という感覚は一切なく、

むしろからだは軽く感じる!

というのが利点です。

きっと高く飛んでいくと降りたときにからだにだるさがあることが多いのですが、

逆に体が軽くなる、その感覚があるのがからだジャンプ®です。

そこについて数値を出して細かく何かをして…ということはまだまだしていませんが

大切なのはからだの感じ方・・・

終わった後にその方がどう感じるか、からだがどう変化するか?が応えかと思います

そこを詳しく細かく・・・でなく、

わかりやすく簡潔に明快に伝えられるように、、、それが皆さんの健康につながるように

取り組んでいけることが今、私がワクワクしていることでもあります。

良いものかどうかは

そのかたが受けてその感覚で感じていただけると嬉しい❤

だから、まだまだやれることはイッパイ❗ワクワク😃💕

シェアする