おはようございます(^_-)-☆

苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

明日、長男のよしきが13歳のお誕生日です。

 

私は21歳の何にもわからない小娘の時に結婚し、そのあとすぐに妊娠して、22歳と24歳の

ときに出産しました。

 

母親になって13年目です。13年・・・・。

バリバリ仕事したい、資格とって

お客様に支持され初めて、さぁ、ここからだ!というときに妊娠・・・ギリギリまでスタジオレッスンとマシンジムに立ち続けました。出産後は3ヵ月目くらいから、ほんの少しずつ、週一回とかで何かレッスンを始めて、3歳前くらいに幼稚園の未就園児クラスに入れて、週4回とかレッスンを始めました。

 

よしきは出産時、仮死状態で、心臓に穴も開いていて、ちゃんと生んであげられなかったことを悔やみ、なんて申し訳ないことしちゃったんだ・・・・と自分を責めました。。

仕事していた自分を責めてしまいました。

よしきにとつて、あつしにとって、自慢できる恥じないお母さんでいたい・・・。

私は頭よくないから、子供たちに勉強は教えられない・・・もう5年生くらいで限界 笑

 

お母さんにできることは、ご飯作ること、あったときにヘェイ( ^ω^ )ってハイタッチすること、

朝、おはよっ

っていうこと。

寝るときにおやすみ!っていうこと

 

友達連れてきたときに、楽しそうだねぇ~ヒヒひって言うこと

サッカーでうまくいかなかったときに、そんな時もあるさ!

っていうこと

 

サッカーでうまくいったときに、、いいじゃん!まだまだいけるねっていうこと

 

テストの点数悪かったら、次、ガンバ!今度勉強教えて!っていうこと。

テストの点数よかったら、お母さんに勉強教えて!てゆうこと。

 

出張行くときに、みんなのために頑張ってくるわぁ~ってゆうこと

出張から帰ってきたら、へぇい( ^ω^ )ってハイタッチして、背、伸びたね!母ちゃんも頑張るわ

 

ってゆうこと

 

今、私が子供たちにできることは、たくさん口出しすることじゃなく、

たくさん助けてあげることじゃなく、たくさん何かを与えてあげることじゃなく・・・

 

私が私らしく在ることが子供たちのじまんの母であり、

いつもの母であり、

 

いつもの親子であり、

 

私の愛情である・・・ということ。

こうだよ!と教えることはなく、

こうなのか!?と考えさせるたくさんのパターンを見せること。

ほかのおうちと比べちゃいけない

 

ほかのお母さんと比べちゃいけない

 

 

いろんなこと言われたりするけど、皆さんのおかげ様で、息子は無事に13歳です。

私は無事に13年間、母親でいられています。

 

これからも居たい。

 

いつまでも母でありたい、妻でありたい、私でありたい・・・

 

 

明日で母親13年。。。

そして明日から14年目に入る。

 

よしき、あつし、旦那さん、皆さん、ありがとう。。

 

シェアする