苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る、木田ちゃんです

ただいま岐阜にて健康になるためのプログラムを製作、撮影中です。

朝からとてもうれしいメッセージが来ました。

 

私は現在、一般社団法人日本からだワーク協会のからだバー®マスタートレーナーとして指導者育成、そしてプログラム開発をほかのマスターや協会の皆様とともに取り組ませていただいております。

 

現在、私の役割として
全国にからだワーカーの普及という活動をしています。・・・というと協会のために尽力している。ととらえられる時があります。

もちろんそうでもあるのですが、、、、、

 

私がいつもblog冒頭に出している

『苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る』

 

という自分の人生の目標を掲げているので

その理念に基づき日々活動をしているのですが、

 

私一人が17万人、560万人、1億3000万人の健康なんて守れるわけがない・・・・(笑)物理的にね。

私は一人しかいませんし・・・・。ただよく言われるのが、

「先生のお弟子さんいませんか?、分身的な方はいませんか?おんなじことできる方はいませんか」と聞かれることがあります。

 

だって先生お忙しそうだから・・・・と。

うれしいお言葉です・・・・

 

そしてすごく考えさせられます。

自分だけができても多くの方を健康にするには限界があるのかもしれない。

活動すればするほど、逆に無責任になってしまうのかもしれない。。。

 

そこにフィットしたのがからだワーク協会®でした。

アイテムを独占しない

広める、伝える、、それが結果的により多くの方の健康を守るということになる。

 

 

自分が育成したからだバー指導者の方は全国にいますが、

苫小牧の近いところにも5人くらい活動しています。

 

私に来ていた苫小牧行政からの依頼、または今まで自分が働きかけけていた取り組みを彼女たちにお願いしたりしています。絶大に信頼と共通の認識、知識があるから。

 

私が維持を張って私だけの仕事!として譲らないでいたら、きっと忙しくなってできなくなっていたに違いない。

そしてそんな仲間たちを北海道健康クラブと名付けて今活動しています。

 

きっかけは私から・・・・かもしれないけど、そこから彼女たちがどう伝え、どう展開していくか…で来てくださる方を継続させたり、そこから横に展開していくことも考えられる。

 

そして、結果的に私が直接その方たちに会うことも指導することもなくても間接的だけど、日本国民1億3000万人の健康を守ることができる・・・。

そしてそうゆう、誰かの手を介すことでその人のエネルギーもプラスされ、よりよいものとなり、

拡散し、

 

自分は自分のやるべきことをやることができる。

受け取リたいがわの様々な悩み、願い、、、そして伝える側、作る側の想い・・・・

 

そこの間に繋がりや、何かを介すことでたくさんの想いや知識が入り、

 

何倍にもなって伝わっていく・・・・

 

自分できることには限界がある

 

何かを介すことで何倍にもなる。

 

 

それをものかごく感じています。

先日大阪、東三国の坂梨インストラクターとの仕事の際に

volaleというレストランに連れて行っていただきました。

 

素晴らしい料理人様の手により、素晴らしい食材たちが豪華においしくなって、テーブルに出てくる。

そしてメニュー一つ一つ、しっかり食材から、製造方法から、調理方法、効果効能まで説明してくれました。

契約農家様まで。

 

契約農家様は、きっと料理は作れないですよね。

 

だけど、自分たちの作る野菜に自信と誇りと想いを持っている。

 

自分たちの作った野菜でより多くの方が幸せになるのを願っている。

そこに、料理人の方の技術が入る。

 

そうすることで農家さんの想いは何倍にもなって違う形となって

おいしいもの、体にいいものを食べたいという私たちの願いにマッチしたものとなって出てくる。

 

 

一人でできること、

 

みんなでできること

 

はこうしてできてくる。

今、そんなありがたみを感じ、これからも健康事業への取り組みに邁進していこうと決めた今日でありました。。

シェアする