苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

今、大阪で活動している坂梨めぐみインストラクターがオーナーをしています、PBFkarada studioに来ています。
私はPBFのディレクターとして、彼女が主催する活動のキッズ部門をメインで担当させていただいたり、ピラティスと骨盤へのアプローチを融合させ、キャンドルの灯の中で自分向き合うご褒美タイム

キャンドルナイト

を共に開催しています。

実は彼女との活動で何人かの方に質問されたことがあります。

「大阪であんな少人数なレッスンとキッズのフィットネスだけで、収益あるの?ちゃんともらえてるの?ダンスとかイベントとかしないの?木田ちゃんがわざわざ行くこと?」と。笑

様々な見方があり、非常に面白いです。

彼女との出会いは、私が3年くらい前初めて地方でワークショップを提供させていただいた時の生徒として参加していた・・・のが出会い・・。その時はあんまり話さなかったですが、透明感の中の目の奥に非常に強い意志を感じたのを覚えています。

同級生とは思わなかった笑

彼女は強い意志と主張ができて、行動力があり、

私はちょっとの言葉に振り回されてすぐ崩れるから、彼女の確固たる強さにいつも尊敬しています

 

強い意志、信念のもと、責任を持って動こうといつも思い返させられる。

感謝です。ソウルメイトです。

 

彼女と仕事をする理由・・・はたった一つ

 

 

 

わくわくするから

 

 

 

 

仕事にワクワクしてますか?

 

 

その先がすぐ見える仕事って、ワクワクしますか?

あ、ゴールが見えるから安心はしますよ。きっと。

 

だけど可能性、広げられない気がしませんか?

何か、ことを起こすとき、ものすごい体力、気力、使います。非難の声、多々あります。笑

 

じゃ、やめますか?

 

 

 

いわれてつらいから、やめますか?

失敗がこわいから、、、じゃ辞めますか?

 

 

そもそもなんでそんな思いしてまで、それをやりたいんですか?

 

ここに帰ってきます。

根底にアツい思いがあり、もしかしたら、その思いは行動を起こした後から芽生えてくることもあるかもしれないけど、

明確な目的があり、そこに向けて様々な手段と方法と仲間を駆使して動いていきます。

動機は最初不純でもいい・・・

その取り組みをしていくうちに、いろんなことが見えて。いろんなことに気づき、

 

目的が明確になってきます。

 

誰のために何をしたいのか・・

誰がどうなってほしいから何をすべきか・・・

 

 

私たちが見据えているプロジェクトは他の人が聞いたら鼻で笑っちゃうかもしれないけど、、着実に進み、行動を起こし、結果を出し続け、時に予想と違うことも起こるけど、チャレンジし続けている間は失敗ではなく

 

あと10年間で完ぺきに構築できるようにしようと決めています。

そしてそれは一人ではできない・・・たくさんの皆様の理解と協力の上で成り立っていきます。

いつもサポートしてくださる皆様、共に取り組んでくださる皆様に心より感謝し、感謝はしっかりと形でお返しできるように頑張ります!

さぁ、今日は勝負!

 

 

 

 

シェアする