苫小牧市民17万人、北海道民560万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです

8月19日、20日

の二日間、

FEEL THE BEAT震災復興健康チャリティイベントを開催し、無事に終了することができましたことをご報告いたします。たくさんの皆さまのご協力、ご協賛、そして

脚を御運びいただきまして、誠にありがとうございました。

二日間で延べ、230名の方にご来場いただきました。

ご協賛、ご協力いただきました

株式会社メッツ様、一般社団法人日本からだワーク協会様、PBF karada studio様、TRIANGLE様、株式会社笑顔ファクトリー様、

NO BRANDinfinity様、Mable様、dolllips様、ケアラ様、NO STYLE様、DANCE STUDIO BUZZE様、おうちコーヒー様、sayuno bake様、背骨コンディショニング協会様

以心伝心本店様、明野新町店様、有明店様、カラオケサウンドワン様、ラーメン極様、鳥ぼんど様、居酒屋SOU様、Elle est Mignonne様、紫紅堂様、

たくさんの皆様の愛とつながりと協力、理解、

他を思いやる気持ちがかたちになって、みんなでみんなを大切にする想いに深く深く、心打たれました・・・。しっかり綴りたいのですが、日常に戻っております。。。

少しずつ伝えていきますので、ぜひお読みいただけたら嬉しいです。

毎回、少しずつ進化していくことを目標にしています。

それは自分自身が成長しているはずだから・・・・・

4回目にして、大きなステージに上がった気がします。

 

これは主催者側の感覚です。

毎回毎回小さな、階段を超えてきましたが

この4回目で大きなステージを一つ越えました。

 

今回私の中で根本の趣旨、目的は同じですが、

 

提供する内容に関しては、より広い範囲でフィットネスを広める手段を考えること、

そして、任せる・・・を超えて、

 

委ねる

 

委ねてみること。

 

委ねるってちゃんと調べてはいませんが、

任せるというのとちょっと違い、

 

任せた後、その流れに私自身も身を乗せてみる・・・そんな感じです。

 

それが成立したら、そこにはちゃんとした、想い、意思、趣旨が伝わっている・・・本質を理解し合えているということがわかると。

それが、

ちゃんと見えました・・・。

それができないばあいは、私自身のおごり、自己満足、、、かと。それが、今回はなかった気がした、、
まだまだですが、これがひとつの
在り方
として、形付けられた気がしました。

細かい感想は後程、取り急ぎ二日間、まことにありがとうございました。

木田麻美

 

 

 

 

シェアする