苫小牧市民17万人、北海道民540万人、日本国民1億3000万人の健康を守る木田ちゃんです。

 

セントレアで飛行機遅延のため待ち時間・・・。私にとっては今や貴重な時間です。。

私たちは一般社団法人 日本からだワーク協会 からだバー®とゆうエクササイズを提供しています。からだバー®1級はからだバー®をレッスンとして指導、提供するために必要な資格、

2級は1級に行く前に運動指導をしていない人(一般のかた)が動作などを習得したり、指導者にならなくても、より深く知りたいという方向けの動作習得講習。

そしてマスターはその1級、2級の参加希望の方たちに講習会を開催し認定をする役割。

 

そのマスターの研修がひそかに行われていました。・・・ひそかじゃない笑

公募してました笑

 

3日間研修の最終日・・・1,2日目はだいぶ前に本間、木原両アドバイザーにより東京で開催され、100エクササイズを落とし込みました。

3日目、私がベーシック11の部分と細かいこと。。。

とゆうか、そもそもの人間のからだ仕組み、本質、

 

とゆうか、私たちマスターの役割、運動指導者とは。。。

在り方。。を伝えさせていただきました。

そこを踏まえて今自分は何をすべきか・・・

 

正解、不正解はなくて、

 

動きの種類とか、手の位置とか、角度とか、・・・目先の部分ではなくて、もちろんそこも大切、ですが・・・

体そのものの本質、を理解しながら、それはその方に対してどう適しているか、

 
こちらが一方的に与えるのではなく、受ける側の本質を引き出すためどう伝え、どう促しどう見せるか・・見抜く力、見抜いて応用して伝える力。。。

与えるフィットネスではなく、相手側に立ちながら引き出すフィットネス・・

引き出してあげると能動的に動くことができる。

 
楽しめるエッセンスがいっぱいのエクササイズももちろん楽しいですし、それも手段として私もずっと提供します。

だけど、こうして自分自身が何かを提供していく、レッスンだけじゃなく講習会、研修として、

思いを形にしてアウトプットしていくとふいに気づきます。

 

あ、私は人間の本来の本質、その方のそのものを引き出してあげたいんだ・・・

 

人はみんな違う・・・

性格も体も思考も全部違う。環境も。

こちらから一方的に与える、こうしなさい!ではなく、

その方自身のベストを引き出してあげることに遣り甲斐、生き甲斐持っているのだと感じます。

今回の1期生の皆様、皆さんこれからが楽しみです。やる気に満ちています。

一年半前の自分たちを思い出しました。

 

私たちの時はまださら地でした。

 

さら地というか、ジャングルに近かったかも・・・笑

いろんな動物がいる感じ笑

 

 

環境を作り、形を作り、形を外に出し、そこから見える結果に対してさらに理論だて、理論に基づいて、再現性を持たせる形を作る・・・

この一年半、ものすごい心的労力、肉体的労力、知的労力使いました。

 

 

やりがいを持ってのことです。

 

こんな風に自分の能力が活かされる日が来るとは思いませんでした。

 自分にどんな能力があるかなんてなかなか自分では気付けない笑

昨日の皆様を見て、今までの努力が報われました。。。

信じてやり抜けば、想いは伝わり形になる

 

そしてまだまだここからつながるしまだまだみんなを引っ張る

 

時に矛となり盾となり、次の皆さんが進みやすい道を作っていく・・・

それがより多くの方の健康につながる・・・そのために自分の力が活かされる

 

この上ない幸せです。

プレゼンター、トレーナー、オーガナイザー、マスター、母、妻、そして

 

木田ちゃん。

として

 

これからも頑張りたいと思います。

素晴らしい一日を皆様ありがとうございました。何かあったらいつでも私まで連絡ください。

 

 

 

 

シェアする