人に何かを教える人、見せる人・・ってすごいなぁと思います。

というか、何もしていない人でも例えば自分にはできない何かをできているのを見るとすごいなぁ~と感動します。

先日、息子のサッカーの試合を見に行きました。親子体験型のやつ。

私はトレーナーとしてトレーニング指導しますが、じゃあサッカーができるか?と言われたら、何一つできません。

蹴れないし、怖いし、・・・知識もない。

 

でもいいんですよ。私の役割じゃないから。やる人がやればいいから。

でももしかしたら私がガチでサッカーに取り組んだら、実はなでしこジャパンみたいになったかもしれないし、そうじゃないかもしれない・・・

わからないです。可能性なんて・・・

やってないから何とでも言えるし。

サッカーに誘われたのがきっかけで、プロになっちゃうかもしれない。

 

その時の自分で未来を判断するんじゃなく、その時の自分からどう自分が変わっていくのか、自分の可能性というものを信じて、そこにどんどんチャレンジしていく。

人生は修行です。

修行しない人は来世が不安ですよ・・・笑

息子たちサッカーできて尊敬です。

 

そこに腹立たしさも焦りも何もありません。全力で応援するのみ。

でも、もし、私にサッカーを真剣にやるというチャンスが来たら・・・そりゃ私も刺激されて負けじと努力するでしょう。

そしてそれは自分の可能性を広げられるチャンス。

今はたぶんそこに対してアンテナを一切張っていないので、そんな話来ません。

来てもスルーです。

 

自分自身が知っている自分は氷山の一角に過ぎない。でも水の下にはまだまだ奥深く眠っている潜在的な部分があるんです。誰にでも。

オープンでいるとき・・・オープンマインドで、人の話を聴く耳を持っているとき、

 

不意に、その潜在的な部分を見つけて引き出そうとしてくれる方が現れます。

ちなみに私はそこを見つけるのが得意です。。。。笑

 

だけど実はその部分て、ちょっと苦いんです。

硬くて、冷たくて、チクチクしてる。

だから表に出ないで奥のほうで絡まって出で来ない。

出すのが大変だから、しまったままなんです。

だけど、引き出してもう一度磨きをかけたら、それは自分が思っていた以上に自分自身を強く輝かせてくれます。

そしてそれは人を感動させ、人に影響を与え、誰かの人生をも変える・・・大きな可能性を持っています。

何かに取り組むとき、一歩先に進むとき、ステージを上げたいとき、

何かを変えたいと思うとき。。。

自信なんてありません。自信ってどうやってつくかって、練習…ではなく私は実践です。

練習はあんまり私は自信つかなかったかな・・・不安要素を減らすだけで。人それぞれだと思いますが。

自信は実践の中から得られていきます。実践して結果が出て、いい部分と改善すべき点が出てきます。

いい部分は自信となり、改善すべき点は可能性となる。。。

 

失敗なんてありません。挑戦している間は失敗なんてない。

 

最大の失敗、、、、、

挑戦することをやめたとき。。

 

 

だから、今日も挑戦してきます。一人でも多くの方のお役に立てるように。

 

 

 

シェアする