こんばんは

苫小牧市民17万人の健康を守る木田ちゃんです

 

私自身、前職のスケート時代と今のフィットネスインストラクターの間に一年間、普通に夜勤と日勤のお仕事をしていた時期があります。スケートしかしてこなかった自分にはなかなかPCと向き合う仕事は精神も肉体もぼろぼろになりました。。。

からだは歪みブクブク太りました。

食べたのか、食べてないのか、わからなくなり、夜勤では寝るタイミングもわからなくなり、下剤を飲んだりして・・・だけど内容物はないから、出せなくてからだ荒れる・・・みたいな。夜中に砂嵐状態のテレビをただ茫然と見ている・・・みたいな一年。。

 

消してしまい一年です。あまり人には話せてません。。だからその一年のことあまり覚えてません。し、その時の自分は大嫌い。。意地はってすぐ近くに実家はあったけど、一人暮らししました。

 

が、それが余計ダメでしたね。。

心身共に崩れ果てました・・・・。目標や夢をもってガンガン動いていた人が動かなくなるとこんな風になる。

心技体の大切さを思い知った一年。消したい過去だけど、そのおかげで気づけた部分はたくさん。

そんな自分も今は受け入れます。そして二度とあんな自分に戻りたくないから・・・ちゃんと心に刻んでおきます。

私は私の力で自分を取り戻しました。もちろんそこには家族や仲間、たくさんの人たちの力もありますが一歩踏み出せたのは自分です。あの時、踏み出せた自分を褒めたい・・。

スポーツクラブに入って二年目で結婚し、妊娠しました。だけど仕事は一生続けていくと決めたから、8か月くらいまで、ボランティアで障害者施設様に体操を教えに行かせていただきました。

 

半年ちょっとの活動でしたが、脳や心、体にリスクを抱えた人たちが運動や、何か違うアプローチでその方らしさを引き出してあげられると、いい風に変化することも

この目でしっかり見たし、感じました。

 

今、こうしてたくさんの子供たちや、大人、そして先輩たち、まだ言葉のわからない赤ちゃん、そしてこれからは何かしらのリスクを抱える方たち・・・

そんな方たちにもフィットネスインストラクターとして、できることがあるのではないかと・・・考えていました。

 

よく、インストラクターはみんなを笑顔にします。。。笑顔を届けますといいますが、私は少し違和感を感じていて、笑顔はこちらからさせるものではなく、また、一方的に笑顔を見せて同調させるものでもなく、

 

自然と出てくるもの・・・そして出てくるように私たちは引き出してあげる。

それが指導者なのでは・・・と考えています。持論です笑

10人いたら10通りの人格、性格、環境・・・があります

そして、どうしても周りと自分、周りの子供と自分の子供を比べてしまう・・。それは仕方ないですよね。人間には標準の模型とか教科書とか取扱説明書とかないしね。

 

こうあるべき・・・みたいなきれいな話はあるにしても。。。道徳の部分だったり、、、、哲学の部分であったり。だけど、ペースはって人それぞれ。

そして、実はそれは本人の意思ではなく、そうなってしまっている状態にその子がいるだけかもしれない。先天的なもの。

発達障害というのがあります。ADHDとか・・・いろんな種類があります。苫小牧に実は

発達障害のお子様のママさんを支えるサークル、フラワーパレットという会があるのを知っていますか?

フラワーパレットさんのブログ

http://ameblo.jp/flower-pallet/

ママさんたちを支えるサークルです。

小さいときは見分けられずらい、

うちの子は聞き分けが悪い、ほかの子に比べて落ち着きがない、他と違う・・

 

それは私も親だからわかるけど、ママさん、パパさんとしてはとても心がしんどくなります。そしてそれを直そう、正そうとしちゃいます。迷惑かけたくないし、そのまま大人になったら・・とか考えちゃう。

だから強く当たったり、しちゃぅ。だけど無理なんです。

それは、そうゆう病気。逆にその病気をちゃんと受け入れて、理解してあげるともしかしたら、親御さんもお子さんも楽になれるかもしれない。

無理に何かができるように訓練したり、症状を改善するために何かをするのではなく、

その人、その子に合わせて援助していく

「生活しやすくするためには・・」「その子はどんな力を持っていてどう伸ばしていけばいいか」

 

そこに目を向けてあげられたら、きっと明るく道はひらけてくる。

それがその子の個性。として。わずらわしい害ではない、個性です。

お声がけいただき、フィットネスインストラクターとして、こんな私ですが、今度お力になれることができそうです。

時期は調整中ですが、フラワーパレットさんに伺う予定です。

 

行事だけの参加はできないので、会員に登録していただくかなくてはいけませんが、

一人で悩んでいる、親御さん・・・いましたら、こんな素敵なサークルがあることをぜひ知って、一歩進んでみてください。。

私も微力ながら、サポートできることを光栄に思います。1476062258026.jpg

 

シェアする