こんばんわ(^^)/
木田ちゃんです。

毎年、しつこいくらい、この思いは伝えていますが・・・。
 震災復興チャリティイベントをしたい。。

あのテレビで見た光景は今でも、頭が痛くなるし心が苦しくなるし・・・。

 自分の身に起きていたと思うと。。

命は儚く、そして尊い

生かされていることに意識をもっともちたい。
無意識のものを有意識にして、意味のあるものにしたい。

人の命は限りがある。限りがあるからこそ、有意義に使いたい。
人には必ず、生きている意味がある、あなたが生きていることはあなただけの幸せではなく
必ず誰かの幸せだったりする。

だから、いつまでも・・・いつもまでも・・生かされる人生から生き抜く人生にしたい。
 私にできることは、お金を出して道路を整備することではなく、
おいしい料理をふるまい続けることではなく、
髪をきれいにカットしてあげることではなく、
車にガソリンを入れてあげことではなく、

フィットネスインストラクタ―として、人が生きていくのに必要な体力、体をいい状態に持って行ってあげること。
そしてその方が有意義な生き方ができるように身・体面からサポートしてあげること。。

それが私の使命、宿命、天命、生きている意味

 何かやりたい、だけど現地にいって仕事や休んでいては家族が困る

一年目は、BTB様を通して、募金をしました。
2年目は直接現地に足を運んで現状を見てきました。

気付けたことが山ほどあった。

 現地の方が必要としているのは、人と人とのかかわり。

つながり

そして、娯楽よりも、

お金よりも(あ、もちろんお金は一番大切)

何かをやるための

何かに挑戦するための

身体が必要。

だからあなたの仕事は素晴らしい。やり続けてください。
『健康な体、使えるからだがあれば、自分の身も守れるし、誰かを助けることもできる』と。

  札幌の樋口先生、長谷部先生、に同行し東北の藤野先生にコーディネートしていただいて
仮設住宅を回ったり、会館でイベントしたり、高校に行ったり、小学校に行ったりしています。

その資金を集めたい。。。その思いでチャリティイベントを企画しています。
 イベントは小さいものはよくやりますが、

このチャリティイベントはフィットネスという考え方を広くとらえたいから、

私たちがイベントでやるレッスンは1枠くらいしかなく、
 いろんな技術、いろんな特技、いろんな世界を持っている方に

思いを伝え依頼し、

落ち仮添えをいただいて、それらをおんなじ場所で一度に行おうというもの。

心を込めて入れてくれた、水出しコーヒー
心を込めて施術してくれる、カイロプラクティック
心を込めて作る、私のお菓子
心を込めて伝える各インストラクターの知識、道具、技

 ただ、参加費は安く、経費も掛かる部分もあるし、
私が東北に行く資金も考えると
インストラクターの方にフィーや交通費をお支払いできないのが正直話です。

 ほんとにすみません。

だから、私から、来てくださいというお願いをしづらいのも正直な話です。
その方のご負担になるかもしれないから。

でも、それでも、来たいです。
思いを形にしたいですというインストラクターの皆様が、南は鹿児島北は稚内まで
この小さな町の苫小牧に来てくださいます。

私は普段ほとんど一人で活動していますが、

このイベントのおかけで一人だと思うことがなくなりました。
私は世界一強い女かもしれない・・・と思う時もありました。

でも強かったら一人でやるよね。

一人では微力なんです・・
だけど一人一人の力が集まると大きなパワーになる。

みんな違う形でいいんです。

みんな価値観も違っていいんです。

思いが、おんなじなら・・・・・。
8/20,21

今年もやります

今年は苫小牧、北海道だけでなく、全国から旅行がてら
たくさんの皆様に来ていただきたい!

私の住む北海道、苫小牧
素晴らしさを伝えたい。。。。

伝われ~

伝われ~

おりゃーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

シェアする