こんばんは★

木田ちゃんです。インストラクター仲間がスタジオをオープンしたのでお花を贈らせていただきました。スケートの尊敬する大先輩がやっている苫小牧のお花屋さんにお願いして、

その方が離れた地方でも現地の素敵なお花屋さんにオーダーしてくれていつもきれいなお花を贈り相手に届けてくれます。

お花が趣味とかそうゆうわけではなかったですが、お花を渡す機会が多く、お花を贈ったり、渡したりするとなぜか渡す自分がうれしくなります。

お花を選ぶとき、お花を渡したいと思って、オーダーをしているとき、その人のことを考えます。

その人のもとにお花が届いたとき・・・その人やその方がいる空間にお花が自分の代わりに行けるんだな・・・と思うと自分がその場に行ける気すらします。だから、結構お花を贈ります。

もしかしたら自己満足かもしれないですけどね笑

 

でも伝えきれない気持ちを形にしたのがお花です・・・私は。ね。

 

先輩のお店に支払いに行くのが少し遅れてしまい、、忙しくてなかなか行けず・・・

すごく申し訳ない気持ちでさっき支払いに行ってきました・・・。

 

いつも先輩には会えないんですが、偶然会えて・・直接お礼を言えました★もともと憧れの先輩だったので会えるだけでもうれしいんですが・・・笑

そしたら帰るときにちょっと遅れたけどと白いポインセチアをプレゼントしてくださいまして・・・

 

無意識に・・・というか・・・自分でもびっくりしましたが

涙があふれてしまって・・・・不覚にも泣いてしまいました・・・( ;∀;)

 

ひいてしまわれましたが・・・笑

いつも自分が贈ったり、仕事も提供するのがやりがい、当たり前、誰かのために何かをすることに喜びを感じてそれを生きがいにしていたので、

不意にいただいたそのポインセチアがものすごくうれしくて・・・うれしくて・・・帰りの車の中で大号泣でした・・・。病んでるのかな・・自分・・と思うほど。。

 

お花を贈ることに実は理由がほかにもあって・・・

2年前に亡くなった義母が、お花が大好きで、、、、

私がフリーになって初めて苫小牧でイベント主催するときに、義母が

「わざわざ札幌や遠いところからあさみのレッスン受けたくて来てくださるお客様のためにせめて入り口にお花でも置いてお迎えしなさい」と一万円くれました。

パチンコ店のオープンみたいな花輪をドーンと用意して皆様をお迎えしました。

母のその教えは私の心に響き、大きなイベントをする際は気づかれなくてもいいから、入り口に歓迎と感謝の気持ちを込めてお花を置きました。

目標だったチャリティイベントをするときに先輩のお店にお花を依頼し、子供たちが喜ぶように飴をさせるようにと注文し・・・すごくかわいくしてもらい・・・

大好評でした!

そしたら、その次の年、先輩はみんなが持ってかえられるようにとひまわりとガーベラを100本くらいプレゼントしてくれました・・・。みんなでそれをもってごうさんの歌を歌いました。

一時、よくお花をお願いしていて、そのあと、自分がスタジオをオープンした時・・・

今まで自分が贈った数のお花の倍くらいお花が届きました。。

 

人にしたことは自分にちゃんと返ってくるんだ・・・・。

ふっと・・・思い出したことがあって・・

義母さんは田舎の町で婦人会の会長をしていて、いつもたくさんの人の面倒を何も言わず見てきました。たくさんのところにお手伝いに行っていました。母さんがいたからあの町は行事が成り立っていたような気がするくらい・・・

福祉施設にもボランティアしていました。

 

私が福祉施設にボランティアに行ったり、安いフィーでレッスンを引き受けていると言ったら義母はプロなんだから、ちゃんとお金をいただかないとダメ!と怒られたことがあります。

そんな義母の葬儀には、葬儀会場に入らないくらいのたくさんのお花が来ました。

悲しい場所なのにお花でいっぱいで蝶々までいました★かあさんが来てるみたいでした。

華やかに見えるくらいでした。

 

だからお花を贈ります★

そして、ポインセチアをプレゼントしてもらえたことがすごくうれしかった今日です・・・・

大事にします。。

 

シェアする