おはようございます

苫小牧市民17万人の健康を守る木田ちゃんです

先週末、樋口先生が主催するエアロビクスのアカデミーに参加してきました。

一回目のゲストは東京の本間友暁先生をお呼びしてのワークショップとレッスン

 

本間先生は私も大好きな尊敬する先生です
image

土曜日しか参加できませんでしたが、久々の動く系の学びはワクワクでした。
image

北海道でインストラクター向けワークショップを開催してもなかかな参加者が少ない

それは場所的に遠いから無理なのか?

金額の問題か?

スケジュールの都合か?

 

必要と感じていないのか・・?

私はインストラクター15年目になります。

最初から今のようにできたわけではありません

 

いっぱい学んで努力して今がありますし、今もまだまだ学びながら努力し続けています。

 

そのつぎの日は東京でワークショップとレッスンを提供してきました。
image

image

image

そこでも似たようなことを感じました。

 

 

たまに、なんでもできるね・・とかポテンシャルが違うとか言われますが、

嬉しいように聞こえる内容ですが、

 

私も相当努力してきました。
努力を誉めてほしいわけではないです。

努力するのは、当たり前です

学んでは活かして学んでは活かしてを15年間繰り返しています

 

やっと少し人にアドバイスできるようになりました。

アドバイスしたら、だってあなたとは違うから・・・と言われることがあります。

 

分かってほしいわけじゃないけど、なんでも最初から完璧にできる人なんていないと思います。

とりあえず学ぶだけじゃなくて、学んで気づいて、努力して、活かして、また学んで・・・。

ってしてください。。

 

 

そして学びはだれのために、何のために、

 

しているのか・・・。

自分のためなのか、人のためなのか、

 

そのエクササイズの目的は何ですか?・・AFAA時代に学んだ5クエスチョンの一つ目

 

今でもずっと肝に銘じています。

いつもいつも何かするときにその目的は?を自分に問いかけます。

自分本意ではなく、相手が主体になれるように。

 

最初から自分もできたわけじゃないから、できない人の気持ちもわかります。

足並みそろえてともに進もう!と激励するときと、

先に学んだ立場から、

 

さぁ、頑張るよ!と強めに引っ張るのも大事だと思います。

そうでもしないとなかなか動けない人いっぱいいます。

そんな感じで、お客様、インスとラクター、関係なく、何か進化、変化を求めるとき

恐れちゃいけない

 

そして学んだら活かす、動く、そして学び続けて努力しづづける

 

 

これが大事

 

 

 

シェアする