おはようございます

苫小牧市民17万人の健康を守る木田ちゃんです。

最近、よく言われます。アツいよね・・・とか、いろんな事やってるよね・・とか、、

そうゆうのって本人はわからないもんで・・・笑 当たり前だから。

 

ただ、やりたいからやっているだけで。まだまだ足りないとすら感じています。

ノーベル賞を取った大隅さんがテレビで言っていましたが、やりたいことを見つけたら、それにただひたすら没頭すると・・・。

やりたい事、って最初はなかなか見つからないて゛すよね。ただやっている・・・・だけ。

 

だったりして。目的は、生きていくために働かなきゃいけないから・・・。ご飯食べるために、家族を養うために、生活していくためにお金が必要だから働く・・。体を動かすのが好きだから運動指導者になった・・・ダンスが好きだから、ダンス指導者になった。。

 

誰かにあこがれてインストラクターになった。

そんなもんだと思いますし、私もそうでした。。。そしてその感覚は自分本意だったりします。自分の意志、自分のしたい事。

その取り組みの過程の中で、ふっ、と疑問や気づくことが出てくるときがあります。

アンテナをいっぱい立てて、色々聞いて、見て、感じて、・・・

 

そしたらちゃんと見えてきます。。

あれ?これって・・・どうゆうこと?。ん?これはこのままでいいのかな?

自分じゃどうして解決してあげられないのかな?

 

と。

自分の活動の範囲や感覚のキャパは自分自身が制限していたりします。

自分自身がドンドン制限していくもんだから、自分のところに来てくれる人はどんどん少なくなるし、進む道はどんどん少なく、狭くなります。

何かを感じたとき、一度足を止めて自己を見つめなおし、そこで何か行動を起こすか、そのまま進むか‥で変わっていく気がします。

インストラクターとして15年経ちました。さっき言った自分本意、、

『私は、こうなりたい、私はこれをしたい。私は、私は・・・』

 

単純なことのような気がします。この[私は]というワードこそが自分本意

 

その前にどんな文章が来るかが大切。

インストラクターとして活動していくうちにさまざまな場面に遭遇して、いろいろなことを考えます。自分が発する一言が他人の人生を左右したりします。。

自分が伝えたことが他人を痛みから解放したりします。

自分の在り方ひとつで人を変えてしまう・・・そんな大きな役割を持っているということに気づきました。それがプロの意識へと変わり、自分改革の一歩となりました。

やりたいと思ったことに没頭する・・・

 

やりたいと思ったことを見つけられた私は幸せです。

見つけるためにいろんなことがあったけど、今が一番自分という軸と行動と方向が定まっています。生きているし生かされているし、生き続けていたいと思う感じです。

そして、そんな感覚の人が増えたらいいなと思います。

 

そして熊本ツアーの振り返り・・・続く

 

 

 

シェアする