こんにちは

 

木田ちゃんです・・・今月、来月再来月はいろいろと新しい挑戦をしています。

日にちが少し空いてしまいましたが、ひきつづきFEEL THE BEATを振り返ります。

いつも言っていますが、健康や幸せの定義、とらえかたは人それぞれあると思います。

 

何かを犠牲にして得る幸せ・・・それはほんとの幸せなのか・・・。

はたまたそれを犠牲としてとらえるのではなく、そうなること自体をも幸せと感じられるか・・・

その方にとっての幸せ、健康、そしてその人が思っていたこと以上にその人自身の内側に秘めている部分が実はとってもたくさんあるということ・・・。

FEEL THE BEAT健康チャリティイベントを第一回目開催するときに実は全国各地で行われるチャリティイベントとやらを受けてみようと思いました。

主催の人はなぜチャリティイベントにしたんだろう・・

何を伝えているんだろう・・・

お客様はどこまで感じ取っているんだろう・・・

 

関わる人みんなの目的は何なんだろう・・・。

誰に対して、何を、伝えて、その人がどうなるために行うものなんだろう・・・と。

大阪と東京、金沢に行きました。チャリティイベント。神戸にも行きました。

学びながら、レッスンも担当したり、朝早くいってお手伝いしたり

やることはどれも、フィットネスレッスンでした。

プレコリオや、エアロビクス、ダンス系・・いつものクラブで行っていることとおんなじ。

そしていつもそのレッスンをやっていることが知られているインストラクター。。。

なので、お客様は安心していつも通り楽しめます

インストラクターにできることは

レッスンをしっかり行うということ。

お客様に最高の時間を届けるということ。

 

そして、そこに集まるお客様はいつものお客様でした。

。。。

手段として、エアロビクス、ダンス、コンディショニング

普通のイベントとおんなじ。。でした。それはそれでいいんです

それで沢山のお客様が参加される。素晴らしいなぁ~、すごいなぁと思っていました。

 

 

 

目的は募金だったり、またはその趣旨の内容の講話を聴くこと・・。など。

そして伝えたいことに少しでも興味を持っていただくこと。。。

いいと思います。そのために皆さんに来てもらうためにエアロやダンスがあるから。

どうもイベントの中身と趣旨が結びつかないも物がほとんどでした。

逆に全く結びつかなくても、それをきっかけに知ってもらうってこともできます。

いつものレッスン形式のイベントだとしても。

今回のような様々なジャンルのものが集まる場合でも・・・

内容と趣旨がつながることでより日々への意識に変化できる・・・

 

そして、わたしは苫小牧市民17万人を健康にする

という義務感を勝手に抱いています。苫小牧生まれ育ち、苫小牧代表になったり、北海道代表になったり、日本代表になったりして、その場所その場所の名前を背負って今まで活動してきました。

背中にたくさんしょってきました。

 

しょった後、ただホレっておろすのは嫌いです。

一度背負ったものは最後までちゃんとかかわりたい。とまこまいの健康、雇用、みんなの幸せ・・・でかすぎる話ですが、日本の平和・・世界の平和・・

それを自分が作り出すじゃなく。。。

 

ちっさな。ちっさなきっかけが、誰かの力ですこしずつ大きくなり、それがまた誰かに広がり・・・とみんなが自然と広めあう。

私は一同に集める方法を知っている。。。あとは私が思う、たくさんの皆さんがいろんな方向から感じる幸せ、健康の形をそれぞれの強みを持ったプロの皆さんが集い、

それぞれがやれることをやる。

 

ことで、エアロビクスしかできなかった人が、違うことに興味をもつかも・・・。

今までやったことないことに幸せを感じるかも。

 

つながらなかった人とつながって、新しい何かが生まれ、そこにHAPPYが生まれるかも。

そんな一つ一つのピースを一か所に集めて、決められた自分じゃなく、潜在的な、隠された魅力的な自分も出してほしい。

 

新たな自分にも気づけたら素敵。

そんな想いです。。

 

そこに全国のプロのフィットネス集団が集まり、お客様、そして、異業種のプロの方々・・・

 

ここでつながっている方は一見違うけど、志はみんな一緒。。。

そう思って三世代が、五感で感じる幸せという題名で3年、やってきました。

ほんとにほんとに皆様のおかげです。

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアする