おはようございます

木田ちゃんです

チャリティイベントは2日間、様々な健康、幸せの形、五感で感じる健康、そして三世代が楽しめる内容というのを頭において形を作っています。

一日目はよくあるイベントレッスン・・・

だけど、自分がこの数年、様々なイベントレッスンで感じたこと・・・

5.6本とエアロや頭使うレッスンを提供して、インストラクターは多くても2レッスンくらいしか担当しませんがお客様はせっかく来たんだから・・・と本数をこなすことに意識が行きます。目標の一つとしてはいいのかもしれませんが、

イベントレッスンは比較的アシンメトリーが最近は多い気がします。

アシンメトリを(左右非対称)繰り返し4時間くらい踊っていくと、右の膝がじんじんしてきます・・・または左の股関節が違和感を覚えます・・これは実体験です。

 

これでいいのかな?あれ?といつも楽しいんだけど、痛みに耐えながら受けていたり、はたまた提供していたりしました。。。

だから自分がイベントを主催するときは多くても3レッスン、

60分レッスンは2本が最多と決めています。

あとはショートなもの。。そしてどこかにコンディショニングを入れる。

イベントは非日常かもしれませんが、体が非日常をしてしまうと、日常に戻った時に支障がでてきます。

心の満足、達成感、高揚感、は必要・・バランスが大事だなと。

イベントはインストラクター発表会になってしまう・・・・

まぁそうゆうとらえ方もありかもしれないですけどね。。いろんなイントラの個性や表現を一同に集めて味わう。

インストラクター発表会そのものです。

その目的はお客様の笑顔を見たいから?ですかね。。私もそんな時期あったし。。

だけど、笑顔にならなかったら、何やっても最悪でしょ?

笑顔になるのは当たり前・・・。それが目標なら、ちょっとどうかな・・・低いな・・・。みたいな。

イベントを開催することが目的ではない、イベントでお客様を笑顔にするのが目的ではないそれはレギュラーでもイベントでも当たり前すぎるくらい当たり前のこと。

 

じゃ、私たちフィットネスインストラクターの定義・・・というか、これは私の中の定義ですが、心身の健康を維持するための様々な手段を提供すること。

そして、それは心だけ。。体だけじゃなく、どちらもそうなるのがベスト!

と考えています。

自分がもしも、そのようなイベントにプレゼンターとして参加できることがあった場合は、自分のレッスンではもちろんバランスを重視し、そして

できる限り体にいい状態でいられるように何かしらお客様に促していきます。

それはプレゼンターとしてではなく、トレーナーとして。

苫小牧には様々な手法を持っているインストラクターがまだまだ少ないです。

プレコリオだけとか、、、エアロのみ、zumbaのみ・・

 

インストラクター自体が少ないから仕方ない・・・

 

なので 私一人で全部伝えられるようにしようと勉強して資格を取りました。

だから資格だけは山ほどあります。

活用していないものもあるけど、だけど知識は残っているので、無駄ではないです。

使っているし。

 

なおかつ、イベントをするときは、自分にはできないことをほかのインストラクターさんにお願いしています。

FEEL THE BEAT1日目は樋口マスタートレーナーのピラティス

ダンスエアロ、エアロビクス

そしてピルビスワーク

私にはできないものをしてくださる・・・。きてくださった皆様が健康になる・・・

 

すごくいい。

 

1日目は会場の空調がなかったため、皆さんは暑さとの戦いだったと思いますが、

最後までしっかり動けていました。

途中、暑くて皆さんの目がトロトロしてきたので、野田インストラクターにシナプソロジーを振ってしまいましたが、そのあと皆様よみがえりました。木田の采配成功でした笑

コアなお客さまへのイベントレッスンがあって、さらにそうでないもののありになる。

両局が必要です。

 

各レッスンがよかったのは当然です。。。

また来年、何しようかもう考えています・・・笑

 

続く

 

シェアする