おはようございます

苫小牧市民17万人の健康を守るキダちゃんです。

8/20,21苫小牧アイビープラザで震災復興 健康チャリティイベントFEEL THE BEATを開催し

無事に終了しましたことをお伝えします。

 

毎回のことですが、このイベントは自分の分野ではない多くの方に携わっていただいていて、自分一人では到底成り立たないイベントです。たくさんの協力者、そして、応援者の方がいるからこそ成り立ちます。

今回もケガなく、終えられたことを皆様に感謝の意をもってご報告させていただきます。

まことにありがとうございました。

何から話していいかな・・・・。

 

このイベントの趣旨、目的はいつも話しているので皆さん理解していただけているはず・・・だから来てくださっていると思います。

実は前回の題名、フィットネスチャリティイベントでした。

 

前回も大盛況のうちに終わりましたが、次の向けての新たな課題として、

いつものお客様…じゃない方たち参加を促す。

 

ということを考えました。

 

来てくだされば必ず「来てよかった」と思っていただけるはず…

どうしたらいいか・・・・

去年のほうが、新聞には大きく掲載していただきました。

だけどきっと普段フィットネスにかかわっていない人の参加はそんないなかった。。片手。。。くらい。

 

なのでフィットネス・・・という題名から

健康

という題名に切り替えてみました。。

フィットネスというと動ける人。動く・・・運動・・・という意識が強く感じます。

 

私自身、フィットネスとは動くこと・・・だと思っていたから。。昔。

だけど

健康って何だろう・・・と。

地域がらなのか、偶然なのかわからないけど多くの年齢層の方や職種の方と触れ合うことが多いです。

その方たちにとって何をすることが健康で幸せでいられることなのか・・・

そして自分自身が運動以外のことを学んだり感じたりしたときに感じる心や体の安らぎや、幸福感。。。

自分がレッスンしているときに参加しないけど窓越しに毎回見に来るお客様・・

その方にレッスンに出ないですか?と聞いたら、

あなたのレッスンを見ているだけで元気になるから、そのために来てるの。だから出なくていいの。

と。

 

その人によって健康の尺度。あり方、は違う。と気づきました

私がしてあげたい・・・は私の想い

 

大事なのは私が・・・じゃなく、相手本意になって考える。

あの方は何をしてほしいのかな?・・・ということ。

相手を思うやさしさの行為・・・それがおもてなし

だからこのイベントはまさにおもてなしイベントなんです。

 

私たちフィットネスインストラクターが皆様の心に愛や、元気、絆、パワー、を思い出させるおもてなしイベント。。

今回特に感じました。。。。

そしてそれって実はすごくすごく

伝わりづらい・・・

 

伝わりやすい分、伝わりづらい・・・それも想います。

形ばかりをかっこよすると、伝わらないかもなと。

そこで大切なものって

・・・・続く

 

シェアする