余計な事言い過ぎ・・とよく言われます笑

余計かどうかは見る方が判断してください。人によっては心に入ってくることかもしれない。。。。ちょっと語りますね。。。お時間あったらお付き合いください。

おはようございます

木田ちゃんです

15年を長いととらえるか、短いととらえるか・・・

イチローの野球人生から見たらまだまだ駆け出しでしょぅね

もともと私はアスリート出身ですので周りに息の長い選手たちをたくさん見ました

私は短いほうでした。完全に自分自身は心の弱さが引退を選ばせたのですが・・

だけど、引退ってのも、すごい決意がいるものです。ある意味では安定からの脱却ですから。

だけど、そこに居続けるられるかどうかの不安からは解放されます。

 

インストラクターになり15年

8年目くらいの時に、北海道をその当時引っ張っていた方に

これからはあなたが引っ張っていきなさいと言われました

 

全くそんな感覚はないし、まだ自分自身が挑戦したり、受けたりしていきたい時で。全然意味が分からなかった。

この言い方はいいか悪いかはわかりませんが、

目指すインストラクター像とか、こうゆう人になりたい・・とか、

憧れのインストラクターって聞かれたら

 

居ません笑

参考にはするけど、そこは目指しません

だって環境が違うから。使命、能力が違うから。

この度、一週間の中で一番長く続けてきた曜日のルーティーンを抜けます。

そのことで多くの皆様にさみしい思いをさせてしまうことと思います。

プログラム自体もなくなりますから。

ありがたいことに道外からもわざわざレギュラーレッスンに来てくださる方もいます。。

ジョイフィット苫小牧での金曜は7月からなくなります。

その変わり、クラブの会員とか関係なく参加できる、木田クラブを発足しますので

そちらに来てください。

あとで詳細を伝えます

 

 

札幌ではないので、すぐに変わりは見つかりません。

リトモスは私じゃなくても受けられます。。素晴らしいレッスンをする方がいっぱい他の地域にもいます。リトモスの木田から、木田のレッスンのファンといわれるように頑張りたいです。

息の長い選手の秘訣、理由は何か・・・。

それはその時の自分の現状を受け入れ、見極め、どのような立ち位置で、何をすべきかを知り、そしてその環境に全力を注いでいる

時間は刻一刻と進み、地球は今日も周り、体力は年々衰え、人類は毎日入れ替わる

昨日できたことが当たり前のように今日できるとは限らない

 

あしたね~って、別れたらそれが最後になるかもしれない

一生に一度のたった一回の出会いでその人の人生を左右させる、そんな出会いがあるかもしれない

 

可能性は無限大

上限もあれば下限もあります

活動場所が苫小牧だったからこそ、今の自分が出来上がりました。

いろんなことやるよね・・・飽きっぽいんだね

といわれたことがありました笑

飽きっぽいわけではありません。

いろいろやらないと、みんなが幸せにならないから。。。

クラブが2店舗しかありません。もう一つ公共プール

いろいろとやろうとしているインストラクターがクラブという枠の中だけの活動をしてしまうと、クラブという枠の中に入ってきた人しか、提供することができない。。

 

だけど、クラブという枠以外に健康にならなきゃいけない人、いーーーーーーーっぱいいます。

逆に、健康にならなくていい人なんていますかね?

フリーフィットネスインストラクター、グループエクササイズインストラクター、

みんなにもっといろいろやってください。

クラブ以外でも活動してください。とは言いません。。

役割ってのが人にはあると思うから。

 

クラブに来る健康志向の高いお客様は、お客様の見本です

その方たちが日々レッスンを受けてキラキラしている。

それを見たクラブとかに来ない方が、あなた何しているの?となって、運動を勧める。

 

あのクラブのあのインストラクターさんはとても楽しいよ。

となる。だけどそこにはクラブという枠にいったんはいらなくてはいけません

そこをできる環境の方とできない環境の方がいます。

私はクラブのでのお仕事とクラブ外のお仕事両方をしっかりやりたい。

 

地域とクラブをつなぎたい。

人と運動、人と人をつなぎ、その方が幸せな人生を送れるようになってほしい

健康寿命を延ばしてほしい

 

そして、それを伝える人を増やしたい。私ひとりじゃなく、

誰かを幸せにできる人を増やしたい。

 

この仕事は最高です。

目の前で人を幸せにすることできます。幸せにできるかどうかはその人の能力にかかっています。

間違った伝え方は一見幸せになりかけても後で不幸になることもあります。

だからこのお仕事は学び続けていかなきゃいけない。生身の身体を相手にしていますから。

 

私についてきてください。。必ずあなたを幸せにします

 

とプロポーズ並みに胸を張って言えるプロになります。

進化に伴う変化を恐れない。。。。

長々とすみません。

 

 

 

 

シェアする