こんばんは(*^。^*)

苫小牧市民の健康を守る木田ちゃんです☆

子供達がスケートを履こうとしたら全然サイズが合わず・・・

去年中古を買ったばかりだったのに。。。笑

成長曲線の著しい変化を感じます。。

子供達の成長、進化と自分を比較したら、あ。比較にはなりませんが・・・もう身長も伸びず、当たり前ですが、

しわは増え、体は少しずつ体型が変わり、皮膚はかさつき、数年前と比べたら大きく変化します。

私のこの歳は先輩達が言うには色々変化していく歳と・・・。中身も外見も。

まあ、あとから考えたら、、、だからか・・・・と無理やり結びつけちゃいますが(^○^)笑

昔は人と比べられるのが嫌で、比べられるたびに心の中で叫んでいた気がします。

今は他人と比べられる事にあまり感情が揺るがなくなりました。自分は自分、比べられても違うっていうのを自分がわかっているからいらだちも起きない。。。

ただ昔の自分と比べられたり、自分自身が昔と今の変化を受けいられていなかったりすると

ストレスを感じる気がします。

旦那がバスケ、野球、陸上をやっていましたが、学生時代、かなり動けていた方なのに

そのイメージで実際に今動いてみた時の体の動き方が、イメージと違う・・・。とよく話します。

そうそう、運動会のお父さん現象です。

いい時の昔の感覚でここまでできるだろうという感覚のまま今動くと怪我してしまったり、そのギャップに

今がダメと感じてしまう。。。

私は自分自身も10年間スケートをやってきたこともあって、年々落ちていく部分と年々アップしていく部分を痛いほど感じました

重要なのは自分の変化をしっかり受け入れて、今の自分にできることをすること。

去年までは楽にできていたことが、今やるとできなくなっている

人は歳をとるから、いろいろな衰えには逆らえないです。

逆に衰えない・アップしているのは実は違うどこかで本来あるべき流れに逆らっているのでは・・・・と思ってしまいます。そのかわり、変化(退化)していくものの変わりに進化して行けている部分も多いにある。

例えば思考、感覚、価値観、とか、、、

表現など・・。

経験が増えているから、表現や発言も変わるし、

体の使い方もより繊細になったりする。。。

今出会って今一緒に居る人は数年前の自分が好きだったから今、一緒に居るのではなく、

今の自分を受け入れてくれているから今も繋がっている・・・・。

だからって今できる努力を全くしないわけじゃないけど、

今できることは無理しすぎず、やりながら、

今を生きている自分を受け入れて、できなくなった部分、変化してしまった部分を悲しまず、

変化により生じた新たな今の自分を愛して大事にしてあげて、

ありのままの自分を生きていけるとストレスも少し減るかもな・・・と考えます。

やれる限りの努力はするけど、どうして変化しないところはそのまま受け入れて

違う方面から見てみる☆

そんなのもありかな♪と思います。

シェアする