おはようございます(^○^)

木田ちゃんです。土曜日と日曜日で北海道の最北端、稚内にお仕事に行って参りました。

勿論、私一人では運転には不安があったので、両親を旅行がてら連れていきながら・・・(*^。^*)

旭川より上に言ったことが無かったので・・自然を満喫しながら、さだまさしのあの曲を口ずさみながら・・・・☆

  日本一長い直線をずっとおしゃべりしながら進み、枯れかけているひまわり畑を見て、テンション上がり、

ひまわり畑を管理するおじさまたちと楽しく会話し、

労をねぎらい(*^。^*)

 海沿いを走って、利尻島を左手に利尻富士を見ながら稚内へ・・・

朝の11時に苫小牧を出て、20:30着

長かった~ケド、北海道を感じました。

 北海道はどこに行ってもごはんがおいしいので、食れぽは言うまでもなく・・・。

あまり食れぽ好きでない(*^。^*)

自分だけの味わいで楽しみたい♪フフフ

独り占め。みんな好き嫌い違うしね♪

日曜日は朝から、勇知という山の中、というか、大自然の中の閉園間近の保育園、園児は5名・・・

の場所をお借りして、手造りのモノがたくさん販売されていました。

おいしい食べ物や、飲み物、グッズ・・・

アジアな感じの唄、映画、そして山歩き。

私はそのなかでリズム遊びを稚内で活動している門間先生と担当いたしました。

打ち合わせはほとんどなく、その時来た方達の様子をみて決めていく感じです・・。得意なゃっです。笑

 天気は快晴、子供たちはキラキラ☆

そしてお父さんもお母さんもキラキラ☆

凄く素敵な空間・・・・☆

先週のチャリティといいこの2週にわたって私はたくさんの事を気づかされている気がします。

フィットネスとは何か・・・家族とはなにか・・・生きるとは何か・・・

 パラシュートを使ったり、ラダ―をつかったり。時には地面に草や石、土を感じながらハイハイしてみたり(*^。^*)

門間先生を見習いながら、子供の心を鷲掴みにしていきました。

  こんなところに人いるの?

こんなに家の数少ないけど、人来るの?

って感じの場所です。

  そしてコレが一回目。

主催の奥様は妊娠9か月。

 やると決めたら女は強い!

改めて感じました。

 そして、一人では無理だけど、こうしていろんな力を持っている人達が、繋がり、助け合い、

尊重しあって、自分自身ができることに全力投球する。

苫小牧チャリティと同じ感覚でした。

 開始してわずか30分で保育所には入りきらないほどの人・人・人

素晴らしいイベント。

こうゆうイベントは田舎ならではのイベントです。

都会に比べたら田舎は仕事できる場所は限られます。

クラブも少ないし・・・・。待っているだけじゃ仕事は来ません。

自分にできる形は何か・・・自分にしかできない事は何か?

自分を知っていただいて、売り出して、行動していきました。

 最初は大変だけど、次、何かあった時に・・「あっ、あの人に頼めばいいか!」と言われると気がくる。

こうゆう取り組みはまだボランティアの部分が多いです。

後は売上次第とか。。。。

最初はそうです。

成功するかどうか分からないものに行政も予算はくめないよね。

 でもこんな取り組みをどんどん活発にして、勿論それ以外のお仕事もしっかり行って、

行政や、地方からもこんな依頼が来て、それがちゃんと仕事として成り立つようになったら、

うれしい。

 なんとかそこまでつないでいきたい。

そしたら私の仕事やりたいって言う人も増えるかもしれないし、

仲間が増えたら、単純にお客様も増える。

どんどん広がる!

一人では限界があります。

繋がって繋がって大きくて強いモノにしていきたい!

素敵なイベントに協力できた事をうれしく思います。

往復824キロはそれだけの価値があったな♪

 

シェアする