さてさて、今年で2回目を終えました震災復興フィットネスチャリティイベントFEEL THE BEAT

今年はあまり伝えていませんがこのイベントにかける想いは半端じゃないっす。

いつか札幌ドームでやりたいと思ってます。笑

笑いごとじゃないっです(*^。^*)自分で笑ってますが・・・。

フィットネスというひろーい観点から世代、ニーズにあったさまさ゜まな健康の在り方を提供する場として考えています。そしてそこには命の大切さ、そして人と人とのつながりが不可欠だよ。と。

人は助け合って生きていく・・・そして人を助けるためには体力と知力が必要。と。

もしかしたら、そこでも矛盾が生まれて、財力でしょ・・・って人もいれば、魅力だけで生けるでしょって人もいたり。

まさに矛盾。

いやいや
矛盾じゃない

あくまで選択肢の一つ。なんじゃないかと。

体力がある人はからだを使え!知識がある人は知恵を使え!財力がある人は金を使え!

やる人がやれるべきことをタダやるだけ。

そしてそれを求めている方がそれを必要とするかしないかだけ。

しかもその専門性のある方達が集結して繋がることで1+1+1+1+1=3000くらいになっちゃう(*^。^*)

チャリティイベントの開催のあたり、私はブースを充実させようと思いました。スポルテックに行って、凄く刺激を受けたから。

 フィットネスインストラクターは近年、グループエクササイズに焦点が当たりすぎているなと自分なりに感じ、勿論それも大切☆

グループエクササイズはスタジオに入っている人が対象になる。

じゃ入らない人は?と。基本、スタジオに入ってくるって事はリハビリや、違う目的ではない限り動ける方。

もっと動きたい方。という感じになります。

はて・・・・われらは・・・・われらの目的は・・・・・・・

手術しかしないお医者さんじゃなく、毎日外来を診たり、訪問したりして、急を要してからではなく、日々の意識づけをさせてあげるっていうのも大切ではないか・・・と。

それも時には聴診器むをあてずに話を聞くだけだったり、おいしい食べ物を食べたり、

イイ音楽を聞いたり、

動物ょ見たり感じたり・・・

それでその方が幸せを感じて心と体がいい状態であるならばそれは素晴らしい事。

ブースにはコーヒー屋さんのプロ、体にいい果物、心がワクワクできるおしゃれ、役に立つ栄養学、体が楽になれるカイロプラクティック、動くのが楽しみになるウェア、後はインストラクターが直接指導する、マスターストレッチ、ストレッチポール

あえて、通販番組で買ったけど、タンスの肥やしだわって言うようなものをブースにしようと思いました。

マスターストレッチは苫小牧初だったので試してみたいという想いと、私自身が感動したので。みんなに知ってほしいのと。

そして、ブースを出展する際にいろいろ考えました。コレは第一回目の話し。

一回目はマッサージ器がありました。

チタンテープも置いてありました。

私なりに悩みました。

マッサージ器があって、カイロがあったら、どうなんだ?コレはお互いが相反するのでは?

マッサージ器があれば自宅で一人でいい状態になれる。

カイロでほぐしていれば、マッサージ器なんて必要ない。

そもそも、トレーニングやスタジオレッスンして、そのあと、ストレッチしておけばカイロやマッサージ何て必要ない。

そもそも、激しい動きをしすぎなければいい?

私たちインストラクターがしっかり指導してあげればいい?

そもそも・・・そもそも・・・・と考えすぎてパニック笑

コーヒー飲みほしたので・・・2杯め行ってきます。

シェアする